トピックス

2017年5月18日

残業時間、公表義務付け 厚労省  大企業の月平均 2020年メド、企業反発も

 本日(18日)の日経朝刊 トップに掲載されました。

 厚生労働省は2020年にも従業員の残業時間の公表を大企業に義務付けます。

 企業は月当たりの平均残業時間を年1回開示するよう求められ、従わなければ処分を受けることになります。

 それぞれの企業の労働実態を外部から見えやすくし、過度な長時間勤務を未然に防ぐ狙いがあります。職場の生産性を高める効果も期待されるが、負担が増す企業側の反発も予想されます。

 新たな規制は労働法制では大企業とみなされる従業員数301人以上の約1万5千社が対象。従業員300人以下の中小企業については罰則を伴わない「努力義務」にとどめる方向です。

 対象企業は厚労省が企業情報をまとめたデータベースや企業のホームページで年1回開示。虚偽が疑われるような情報しか出さない企業にはまず行政指導を実施。悪質な場合には最大20万円のペナルティーを科します。正社員と非正規社員を分けるかどうかなど詳細な仕組みの議論を労働政策審議会(厚労相の諮問機関)で来年始めます。

 残業時間を公表することで、企業が業界他社を互いに意識し合ったり、時間外労働を減らす新たな動機づけになったりすると厚労省は見ています。学生が就職活動で企業を選ぶ際の判断基準になるとも期待されます。

 企業にとっては労務管理の事務が増えることになり、労政審では経営側から慎重論も出そうです。残業時間を他社と並べて相対的に比べられることへの心理的な抵抗もあります。

 従業員の平均値を年1回示すだけなので細かな労働実態をつかみにくい面もあり、経営者の理解を得ながら実効性ある仕組みをつくれるかどうか問われます。

 厚労省は制度導入へ女性活躍推進法の改正を視野に入れている。同法は採用時の男女別の競争倍率や月平均残業時間の公表などを求めています。残業時間などについては公表を義務に切り替えます。法改正が必要な場合、2019年の通常国会に関連法案を提出する方針です。

 毎月勤労統計調査によると、パートタイムを除く一般労働者の年間総実労働時間は2016年時点で2024時間と20年前の1996年(2050時間)からほぼ横ばい。国際的に見て高止まりが続き、長時間労働が社会問題になっています。

 政府は働き方改革を看板政策と位置づけ、長時間労働の慣行を改めるため残業規制を強化しつつあります。

 政府の計画では残業時間の特例の上限を原則年720時間(月平均60時間)に引き下げます。

 正社員と非正社員の不合理な差をなくす「同一労働同一賃金」も含む関連法案を秋の臨時国会に提出する予定もあり、厚労省は今回の公表義務で働き方改革に弾みをつけたい考えです。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:05:57 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コストダウンのお問い合せ

あなたの会社の経費、見直されていますか?

御社の経費を無理なくコストダウン

電話でのお問い合せ
フリーダイヤル 0120-875-430
株式会社コストダウン

トピックス

過去の記事

2017年分
2016年分
2015年分
2014年分
2013年分
2012年分
2011年分
2010年分
2009年分
2008年分
2007年分
2006年分

毎週ひとネタ 知って得するコストダウン情報! タイトル画像

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム

解除フォーム