トピックス

2017年7月14日

太陽光、保守管理競う MS&AD系がオムロンと損保セット販売 リコーは全国営業で人員6倍

 昨日(13日)の日経朝刊 第15面に記事掲載されました。

 太陽光発電関連企業が保守管理事業を強化します。

 MS&ADインシュアランスグループホールディングスはオムロンなどと連携して発電所の保守と損害保険を組み合わせてサービスを提案。

 リコーは保守管理の営業網を全国に広げました。

 買い取り制度の見直しで発電所の新設が難しくなるなか、太陽光発電ビジネスの主戦場が新設から保守管理に移りつつあります。

 MS&AD傘下の三井住友海上火災保険とあいおいニッセイ同和損害保険は、オムロンとNTTファシリティーズ、米ゴールドマン・サックス系の再生可能エネルギーベンチャーであるスマートエナジーの3社と営業で提携。保険と保守をセットで提案します。MS&AD側は発電設備の損傷時などに補償する保険を用意。オムロンなど3社は発電所の稼働状況を遠隔監視したり、故障時は現場に迅速に駆けつけて部品を交換したりします。

 MS&ADは太陽光発電用保険で約2万件の契約があり、売上高は約50億円。業界5割のシェアを占めています。保険の加入率はまだ半数以下で、今後の拡大が見込まれます。日々の保守管理とセットで提案することでシェアを維持していきます。

 リコーは東京、大阪の2ヵ所だった太陽光発電の保守営業拠点を東北や九州など6ヵ所体制に拡大しました。専門営業員は約30人と従来の6倍に増やしました。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:09:50 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コストダウンのお問い合せ

あなたの会社の経費、見直されていますか?

御社の経費を無理なくコストダウン

電話でのお問い合せ
フリーダイヤル 0120-875-430
株式会社コストダウン

トピックス

過去の記事

2017年分
2016年分
2015年分
2014年分
2013年分
2012年分
2011年分
2010年分
2009年分
2008年分
2007年分
2006年分

毎週ひとネタ 知って得するコストダウン情報! タイトル画像

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム

解除フォーム