トピックス

2017年7月16日

電子納税しやすく 国税庁 証明書や専用機器、不要に

 本日(16日)の日経朝刊 第1面に記事掲載されました。

 国税庁は2019年をめどにインターネットで電子申告・納税しやすくします。

 今の電子申告では本人確認のための読み取り機器やマイナンバーカードなどの電子証明書が必要ですが、税務署でいちど本人確認すればIDとパスワードで認証できるようにします。これは海外に比べ普及が遅れる電子申告・納税を広げるためです。

 電子申告・納税はネットで個人や法人が確定申告をして、事前に登録した口座から納税する制度。国内では2015年度の所得税申告で52%、個人事業主などが行う消費税の申告では59%が利用しています。

 国の電子申告・納税サイト「e―Tax」で電子申告をするには、マイナンバーカードや住民基本台帳カードなどの電子証明書と、証明書を読み込む「ICカードリーダー」という機器が必要です。読み込み機器は1千~4千円程度かかるため普及の妨げになっていました。

 新しい方式では、ICカードリーダーやマイナンバーカードなどの電子証明書が要らなくなります。まず税務署で申告を始める届け出書と免許証など本人確認ができる証明書を提出し、職員が対面で本人確認をしてなりすましなどを防ぎます。

 そこで受け取ったIDとパスワードを国税庁のサイトで入力するだけでe―Taxを通じて電子申告ができるようにし、2018年分の申告分からが対象で、翌年度以降も同じIDとパスワードを使いネットで申告できるようになります。

 国税庁はスマートフォンなどにカードの読み取り機能の導入が進むと見ており、3年程度の暫定措置として実施します。その後はマイナンバーカードの普及状況などを見て制度を続けるかどうかを決めます。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:05:15 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コストダウンのお問い合せ

あなたの会社の経費、見直されていますか?

御社の経費を無理なくコストダウン

電話でのお問い合せ
フリーダイヤル 0120-875-430
株式会社コストダウン

トピックス

過去の記事

2017年分
2016年分
2015年分
2014年分
2013年分
2012年分
2011年分
2010年分
2009年分
2008年分
2007年分
2006年分

毎週ひとネタ 知って得するコストダウン情報! タイトル画像

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム

解除フォーム