トピックス

2017年12月30日

若手確保へ初任給上げ ライオン9年ぶり 佐川急便は全職種で

 昨日(29日)の日経朝刊 第15面に記事掲載されました。
 
 国内企業の間で初任給を引き上げる動きが広がってきた。ライオンは2018年春入社の大卒社員の初任給を6%程度引き上げる。雑貨販売のフランフランや佐川急便も初任給引き上げを決めた。人手不足を背景に人材の獲得競争が激しくなるなか、若手社員の確保や定着を狙った待遇改善が進んでいます。

 ライオンは大卒初任給を月額21万8080円から、同23万2030円に引き上げる。初任給の引き上げは9年ぶり。1万3950円の上げ幅は、同社で過去最大という。20代の若手社員についても2018年1月から、最大で月1万4千円程度の賃上げを実施します。

 同社は2016年春に全社平均で約1500円、2017年春に同3千円のベースアップ(ベア)を実施している。2018年春のベアについては労使交渉で決めるが、先行して初任給の引き上げを決めた。業績も好調ななか、優秀な人材の確保を急ぐ。若手の待遇改善に先手を打つことで、人材獲得競争を優位に進める狙いです。

 雑貨店を展開するフランフラン(http://www.francfranc.com/)も2018年春入社の初任給を現在の月額22万円から同23万円に引き上げる。フランフランは2017年春にも初任給を2万円引き上げており、2年間の初任給の昇給率は15%に達する。フランフランは2017年、全社平均で約5%のベアを実施しているが、2018年春は新入社員のみベアを実施します。

 佐川急便も2017年秋以降に入社した社員の初任給を1万~2万円引き上げた。トラック運転手を含む全職種が対象だ。2017年秋より前に入社した若手社員の給与についても、賃金水準を引き上げた。一部地域の運転手を対象に実施する「週休3日制」と合わせ、人材の定着を狙います。

 厚生労働省によると、大卒初任給は4年連続で上昇している。2017年の大卒初任給の平均は2016年比1.3%増の20万6100円だった。企業業績の改善などを受け、2017年春まで4年連続で賃上げする企業も多く、初任給の引き上げにもつながっています。

 人手不足を受けて企業の新卒採用の意欲は強い。優秀な人材を獲得しようと初任給を上げる動きが目立つ。人手不足感の強まる大手ゼネコンのほか、日用品業界などで2017年春、主要企業が3千~5千円の初任給引き上げを実施している。ライオンのように1万円超の上昇幅は珍しい。

 産労総合研究所(https://www.e-sanro.net/)が実施した企業調査(約300社が回答)では、2017年に初任給を引き上げた企業の割合は34.6%と前年から0.8ポイント上昇した。初任給引き上げの理由(複数回答)では「人材を確保するため」(52.9%)が最も多かった。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:06:35 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コストダウンのお問い合せ

あなたの会社の経費、見直されていますか?

御社の経費を無理なくコストダウン

電話でのお問い合せ
フリーダイヤル 0120-875-430
株式会社コストダウン

トピックス

過去の記事

2018年分
2017年分
2016年分
2015年分
2014年分
2013年分
2012年分
2011年分
2010年分
2009年分
2008年分
2007年分
2006年分

毎週ひとネタ 知って得するコストダウン情報! タイトル画像

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム

解除フォーム