トピックス

2018年2月 1日

ヤマト、大口顧客4割と取引解消 アマゾンは値上げ受け入れ

 昨日(1月31日)の日経朝刊 第1面に記事掲載されました。

 ヤマトホールディングス(HD)は30日、値上げ交渉をしていた大口顧客の4割が取引を解消したことを明らかにした。最大取引先のアマゾンジャパンは値上げを受け入れた。値上げが奏功し、2018年3月期の業績予想を上方修正した。値上げを通じた収益回復や人材確保の動きが広がってきた。

 ヤマトHDは運転手らの人手不足で人件費などが増えたため、2017年10月に個人向け料金を引き上げた。大口顧客1100社にも値上げを要請し、ほぼ全てと交渉を終えた。6割の大口顧客が契約を継続し、平均値上げ幅は「個人向けの15%より高い」(芝崎健一専務執行役員)という。

 契約終了した大口顧客が荷物量全体に占める割合は明らかにしていない。一定量の荷物が減るが、値上げで業績は改善する。2018年3月期通期の連結純利益は前期比20%減の145億円になる見通しで、従来予想から25億円上振れる。

 佐川急便も2017年11月に個人向け料金を引き上げた。ヤマト運輸や佐川急便から契約を移した顧客などを受け入れ、日本郵便の2017年12月の宅配便「ゆうパック」の取扱数が単月で過去最高だった。

 デフレ脱却が日本経済の課題となるなか、値上げに動く企業が増えている。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを運営するユー・エス・ジェイ(USJ)は31日、9年連続の値上げを実施する。外食の鳥貴族は2017年に28年ぶりの値上げに踏み切った。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

 参照:

 ユー・エス・ジェイ ニュース
 『ユニバーサル・スタジオ・ジャパン「スタジオ・パス」価格改定について』
 https://www.usj.co.jp/company/news/2017/1227.html

 鳥貴族 ニュースリリース
 「価格改定に関するお知らせ」
 http://admin.torikizoku.co.jp/pdf/info/RMsEKkOt.pdf

投稿者:株式会社コストダウン 日時:05:35 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コストダウンのお問い合せ

あなたの会社の経費、見直されていますか?

御社の経費を無理なくコストダウン

電話でのお問い合せ
フリーダイヤル 0120-875-430
株式会社コストダウン

トピックス

過去の記事

2018年分
2017年分
2016年分
2015年分
2014年分
2013年分
2012年分
2011年分
2010年分
2009年分
2008年分
2007年分
2006年分

毎週ひとネタ 知って得するコストダウン情報! タイトル画像

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム

解除フォーム