トピックス

2018年2月11日

経営者たるもの公私混同してはならない 永守重信

 昨日(10日)、日経電子版で配信されました。

 田村 賢司氏の著作「日本電産 永守重信が社員に言い続けた仕事の勝ち方」から再構成されたものです。

 永守の嫌いなもの。それは公私混同である。もちろん、多数ある経営者としての戒めの一つだが、激しく嫌っていると言っていい。

 会社に損をさせること自体が許せないし、あり得ないという思いの強さが大きい。小は不必要な会食から、中と大は社有車にしながら実態は自家用車、社宅としながら事実は社長宅といったものまで・・・。しかも、それぞれ高級・豪華なものにするに至っては論外を超えている。

 企業を強くするには、正しい姿を把握することが何より大事である。

 ぎりぎりまでコストを抑え、生産性を上げて生み出したものが利益である。

 それを途中で、公私混同のコストが入り込むようでは、企業の本質的な強みなど見えなくなるし、改革もできない。そもそも、企業の利益は社員の努力の結果でもある。オーナー経営者であろうとも、それを私物化することはおかしい。永守に言わせれば、そうした行為はばかげているし、経営者としては自殺行為である。

 だから、社員と頻繁に繰り返す会食も、永守はポケットマネーで払う。ただし、豪華弁当は一切なし。普通の適正なものである。

 それは「自分のカネで払うから社員が信用してくれる」(永守)と見るからだ。

 経営者が会社のカネで、社員を豪華なレストランや高級クラブにでも連れて行けば、「社長は自分一人でもいい思いをしているに違いない」と思われる。

 そんな状態で「利益を最大化するために、コストを削減しよう。もっと頑張れ」と号令をかけても、見えないところでは舌を出す。

 永守はそれを知っている。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:04:16 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コストダウンのお問い合せ

あなたの会社の経費、見直されていますか?

御社の経費を無理なくコストダウン

電話でのお問い合せ
フリーダイヤル 0120-875-430
株式会社コストダウン

トピックス

過去の記事

2018年分
2017年分
2016年分
2015年分
2014年分
2013年分
2012年分
2011年分
2010年分
2009年分
2008年分
2007年分
2006年分

毎週ひとネタ 知って得するコストダウン情報! タイトル画像

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム

解除フォーム