トピックス

カテゴリ 『経費削減 生命保険料』

2013年6月10日

金融庁 保険ショップ 規制強化へ

 7日(金)の金融庁 金融審議会「保険商品・サービスの提供等の在り方に関するワーキング・グループ」(第16回)で検討されました。

 街角にある生命保険の来店型ショップはいわゆる「乗合代理店」の一種で複数の保険会社と代理店契約を結んでいます。

 金融審議会の報告書「新しい保険商品・サービス及び募集ルールのあり方について(案)」の18ページには、

 2―3―2 乗合代理店に係る規制について

 乗合代理店は、複数の保険会社から委託を受けて保険募集を行っている者であるが、顧客のニーズ等を踏まえて自らが取り扱う複数保険会社の商品の比較推奨販売を行うなど、保険会社からの管理・指導を前提としつつも、それに加えて自らの判断により独自の募集プロセスを構築しているものもある。
 そのため、当該募集活動の適切性を確保するためには、保険会社による管理・指導のみならず、乗合代理店自身が自身による体制整備を含めてより主体的に努力する必要がある。
 また、乗合代理店の中には、「公平・中立」を標榜して複数の保険会社の商品の中から、顧客のニーズを踏まえて商品を販売するものもある。一方、法令上は、保険会社から独立した立場で募集行為を行う保険仲立人とは異なり、乗合代理店はあくまでも保険会社から委託を受けて保険募集を行う者として位置付けられており、「公平・中立」な立場で募集を行うことが担保されているわけではない。
 このような複数保険会社商品の比較推奨販売について、今後とも拡大する可能性もあることから、顧客がこのような募集形態の法的性質について誤解することを防止するとともに、複数保険会社商品間の比較推奨の質の確保をすることを通じて、当該販売形態における募集活動の適切性を確保する観点から、以下の見直しを行うことが適当である。

 まず、複数保険会社間の商品比較・推奨販売を行う乗合代理店に対しては、当該商品比較・推奨の適正化を図る観点から、情報提供義務等の一環として、

 1.当該乗合代理店が取り扱う商品のうち、比較可能な商品の全容を明示するとともに、
 2.特定の商品を提示・推奨する際には、当該推奨理由を分かりやすく説明する

ことを求めることが適当である。

 さらに、乗合代理店の立場等について顧客の誤認を防止する観点から、

 1.乗合代理店は、法律上は保険会社側の代理店であるという自らの立場について明示することを求めるとともに、
 2.保険会社の代理店としての立場を誤解させるような表示を行うことを禁止する

ことが適当である。

 なお、保険募集人一般に対する体制整備義務は乗合代理店に対しても適用されることから、例えば、比較販売を行う乗合代理店については、個別の商品説明を適切に行うことに加えて、適切な商品比較・推奨を行うことについても体制を整備するなど、乗合代理店はそれぞれの規模や業務特性に応じた体制を整備することが求められる。

とあります。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

 参照:

 金融審議会「保険商品・サービスの提供等の在り方に関するワーキング・グループ」(第16回)議事次第
 http://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/hoken_teikyou/siryou/20130607.html

 同 報告書
 「新しい保険商品・サービス及び募集ルールのあり方について(案)」
 http://www.fsa.go.jp/singi/singi_kinyu/hoken_teikyou/siryou/20130607/01.pdf

投稿者:株式会社コストダウン 日時:13:32 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年11月14日

かんぽ生命 保険金支払 過去5年間分 精査開始

 昨日(13日)、株式会社かんぽ生命保険からリリースされました。

 それによりますと民営化後の2007年10月~今年(2012年)の5年間にわたる請求事案(約1,700万件)を検証し、検証作業が済んだものから順次、平成24年12月~平成25年3月の平成24年度内中を目途に対象者へ案内を行う予定だということです。

 現在、予想される追加支払は、約10万件程度(検証対象の0.6%程度)、約100億円程度と想定されております。

 民営化前分の2003年4月~2007年9月分、1,301万件につきましては、2009年12月に検証報告がなされました。

 今回はその後の第2弾かと存じます。

 保険金不払い問題が社会問題になり、大きく取り上げられた際には生保のみならず損保会社も一斉に調査、リリースを行いました。

 それから年数が経過しておりますが、かんぽ生命の今回のリリースを「再発防止はどうなっていたのか?」、「他社はどうなのか?」と感じるのは私(代表 片桐)だけでしょうか。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

 参照:

 株式会社かんぽ生命保険 プレスリリース
 「保険金の請求案内等に関するお客さま対応の実施について」
 http://www.jp-life.japanpost.jp/aboutus/press/2012/abt_prs_id000553.html

投稿者:株式会社コストダウン 日時:07:03 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年5月 2日

【4月27日~】法人が支払う「がん保険」(終身保障タイプ)の保険料 全損扱い改定(国税庁通達)

 「がん保険」と言えば、個人においては、その多くが掛け捨てのものに加入されていると思います。

 ただ、法人においては節税対策、退職金手当て等から積み立て型の「がん保険」に法人名義で社員を被保険者として「積み立て型」のものに加入されている会社があります。

 弊社も加入しております。

 昨日(5月1日)、保険代理店から親展で今回の変更に関する案内が届きました。

 そもそも国税庁が4月27日に出した法令解釈通達によるものです。

 平成24年4月26日までに加入されているものについての取り扱いは従前通りです。

 今回の改定で平成24年4月27日以降、新たに加入する「がん保険」(終身保障タイプ)契約に関しては、加入時の年齢から105歳までの期間を計算上の保険期間(以下、「保険期間」という。)とし、当該保険期間開始の時から当該保険期間の50%に相当する期間(以下、「前払期間」という。)を経過するまでの期間にあっては、各年の支払保険料の額のうち2分の1に相当する金額を損金の額に算入し、残額については前払金等として資産計上し、前払期間が経過した後に取り崩し、損金の額に算入することになります。

 ざっくり申し上げれば、全額損金算入(全損扱い)から半額損金算入(半損扱い)になる訳です。

 詳細は、国税庁 『法人が支払う「がん保険」(終身保障タイプ)の保険料の取扱いについて(法令解釈通達)』
 http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kobetsu/hojin/010810/pdf/240418.pdf 

をご覧下さい。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:06:54 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年10月13日

積み立て型保険 継続時、支払いに困った時の、自動振替貸付制度!

 私(代表 片桐)は今日(13日)、初めて知りました。

 自動振替貸付制度とは保険料の払い込みができなくても、そのときの解約返戻金の範囲内で自動的に保険料が立て替えられる制度を言います。

 契約者の経済状況の変化や、うっかりした払込忘れによって保険の効力が失われることがないようにするための制度です。

 借りた保険料分については所定の利息を支払うことが必要。
 
 また、自動振替中も生命保険控除は受けられますが、貸付金の元利合計が解約返戻金を上回ると、契約は失効します。

 もちろん、借りた保険料はいつでも返済できます。

 ご自身が加入の保険にこの制度があるかは、直接、保険会社に問い合わせて下さい。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:16:11 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年9月13日

見直される終身保険 採算割れ懸念! 

 一昨日(11日)の日経夕刊 トップに記事掲載されました。

 終身保険はこれまで預金に比べて利回りが高く(予定利率 年1.4~1.7%)、一定期間後に解約すると元本以上のお金が受け取れ、貯蓄目的の保険商品として人気を集めてきました。(「定期付き終身保険」は終身保険をもとに死亡保障を上乗せしており、その上乗せ部分の保険料が掛け捨ての為、解約返戻金は支払い済み保険料総額を上回ることはありません)

 しかし、生保が資金を主に運用する国債の利回りが低下したことで、このままの利率で売り続けると採算が取れなくなる恐れが出てきたため、生保会社が見直し始めました。

 富士生命保険は7月に一部商品の販売をすでに中止しており、住友生命保険は10月から終身保険の販売を当面、見合わせ、あいおい生命保険も10月から一部の終身保険の販売を休止します。

 東京海上日動あんしん生命保険は11月、終身保険の保険料を上げて、実質利回りを引き下げます。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。 

投稿者:株式会社コストダウン 日時:17:54 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年12月30日

かんぽ生命 不払い・未払い状況。

 かんぽ生命が25日に発表しました。

 かんぽ生命では、今年4月から2003年4月~2007年9月に入院保険金、手術保険金、死亡保険金等の支払い処理を行った1,301万件の点検を行って参りました。

 それによりますと不払いは約8万件で合計71.1億円になります。(2007年に調査終了した38社の不払い平均より圧倒的に多く、多額の不払いです)

 この内、約7千件 約6.1億円につきましては支払いを完了しております。

 また未払いは約30.1万件で合計1,897億円になります。

 この内、約7.7万件  691.7億円につきましては支払いが完了しております。

 詳細はかんぽ生命 ニュースリリースをご覧下さい。

 こちらです。 → http://www.jp-life.japanpost.jp/aboutus/press/archives/pdf/pr091225.pdf

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。 

投稿者:株式会社コストダウン 日時:23:57 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年8月10日

将来の保障より目先のキャッシュ-解約返戻金10%増加!

 本日の日経朝刊 第3面に、「生保 解約返戻金10%増 08年度、外資系で顕著」と題して記事掲載されました。

 生命保険協会の調べで2008年度は2007年度比10.4%増とのことです。

 金融危機の影響から外資系生保で解約が増えた(特に顕著だったのは破綻が懸念されたAIGグループ3社:AIGスター生命、AIGエジソン生命、アリコジャパン)のと、資金確保のために解約する中小企業(特に法人契約の比重の高い大同生命保険では22%増)が増えたことによるものだそうです。

 参考までに積み立て型の保険契約には契約者貸付制度というものがあり、解約返戻金の範囲で貸し付けてもらえる制度があります。

 返済に際しては利息は上乗せされますが、手続きが簡単で換金が早く、期日までに返済すれば原契約をそのまま維持出来るものです。

 解約する前に、一度、契約されている保険について、担当者に問い合わせてみられてはいかがでしょうか。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

 

投稿者:株式会社コストダウン 日時:18:45 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年7月 4日

日本生命 来年4月以降 複数加入割引廃止!

 日本生命はこれまで指定した生保商品に複数加入すると保険料が割り引かれる「はいるほど割引」や傘下のニッセイ同和損害保険の自動車保険に同時加入すると「損害保険・口座で割引」という割引制度がありました。

 それらの制度を来年2010年4月以降の新規契約分から廃止します。

 代わりに長く続けた場合などに貯まるポイントと引き換えに景品をもらえる新制度で対応します。

 理由は金融危機等で経営環境が厳しくなり、収益性が悪くなっているからということです。

 業界最大手の日生の今回の決定に、同様の制度を持つ他社も追随する可能性があります。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:17:20 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年5月29日

【中間報告】簡保不払いの可能性の高い契約 約22.3万件。

 本日、㈱かんぽ生命保険からリリースされました。

 現在、かんぽ生命は2003年4月~2007年9月に支払い請求があった約1,300万件につきまして調査中です。

 その中で明らかにされております。

 かんぽ生命 プレスリリース → http://www.jp-life.japanpost.jp/aboutus/press/archives/pdf/pr090529.pdf

 なお、不払いに関する時効は原則5年ですが、特例措置によりその時効を過ぎていても不払いが判明すれば支払いの対象になります。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。 

投稿者:株式会社コストダウン 日時:17:27 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年4月14日

かんぽ生命不払い 時効過ぎても支払いへ!

 各方面からリリースされております。

 日経朝刊では第1面に記事掲載されました。

 現在、2003年4月~2007年9月に支払い請求があった1,250万件について調査中で、7月には契約者に通知がなされます。

 不払いに関する時効は原則5年ですが、特例措置によりその時効を過ぎていても不払いが判明すれば支払いの対象になります。

 昨日、かんぽ生命の宮崎和夫副社長が記者会見で発表しました。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:18:13 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年4月11日

かんぽ生命 不払い調査で7月以降、契約者に通知!

 ここ数日、各方面からリリースされております。

 本日の日経朝刊では第7面に関連記事が掲載されました。

 民間の生命保険会社では、2007年2月の金融庁からの調査指示に基づき、同年12月に調査完了が終了しておりました。

 ただ、旧日本郵政公社の簡易生命保険契約につきましては、2007年2月時点では民営化前で、管轄が総務省(旧郵政省)であったこともあり調査が遅れておりました。

 現在、簡易生命保険契約について2003年4月~2007年9月に支払い請求のあった1,250万件の点検作業中で、7月以降、契約者に通知し、その後、支払いも順次進めて行くということです。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:20:03 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年8月31日

医療保険、がん保険 相次ぐ値下げ!

 本日の日経朝刊 第1面に、『医療保険、がん保険 「値下げ」相次ぐ 最大で2~3割 価格競争進む』と題して記事掲載されました。

 生保各社は8月から医療保険、がん保険について続々と値下げを始めているようです。

 アリコジャパンが8月にがん保険で最大25%下げ、損保ジャパンひまわり生命保険や太陽生命保険も医療保険で最大2~3割の引き下げを実施しました。

 アリコジャパンのがん保険では、男女別の保険料を設け、がん発生率が低めの女性は保障内容が同じ従来商品に比べ12~25%安くし、逆に30歳以上の男性は2~61%高くするなど一部は上げました。

 損保ジャパンひまわり生命保険では医療保険の保険料を最大22%下げました。

 理由は病気時の入院日数が短くなったのを反映させたということです。

 太陽生命も10月投入の新商品で中高年女性を中心に、基本的な保障内容は変えずに医療保険の保険料を最大3割程度下げます。

 今年もSBIアクサ生命保険やライフネット生命保険がインターネットで低価格の保険を販売し、価格競争が激しくなっている結果として、各社の見直し、値下げにつながっているようです。

 ユーザーは自分に最適な保険を見極めることで、保険料を安く加入することが可能になります。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:11:04 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年1月20日

生保各社 進み出したクレジット払い!


 1月17日(木)の日経朝刊 第7面に、「生命保険料 カード払い広がる」と題して記事掲載されました。

生命保険料のカード払いの主な取り組み

会社名 導入時期 内容
住友 07年 8月 初回保険料を対象に
アリコジャパン 07年10月 使えるカードの種類を従来のJCBのみからVISA、マスターにも拡大
アフラック 07年12月 主に金融機関での販売に導入
日本 08年 1月 2回目以降も対象に
東京海上日動あんしん 08年 2月 既存契約も対象に
第一 08年 4月 初回保険料を対象に

利用者のメリット

・大きなポイントが貯まる。

生保会社のメリット

・引落し口座残高不足に対する督促が不要になる。

・初回分等の現金払いに対して販売員着服のリスクがなくなる。

・販売員が顧客の名義を借りて保険料を立て替えて作る架空契約を防止できる。

カード会社にとってのメリット

・金額の高い商品だけに得られる手数料も大きい。

今後の動向

・未導入の生保各社が競合他社との遜色をなくすために、追従する可能性があり、クレジット払いが広がることが考えられます。

・カード会社にっとては、生命保険市場は、保険料 年30兆円にも及ぶ巨大市場です。 取り込む為に、生保各社への働きかけを積極化しているとのことです。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:05:45 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年12月 8日

【生保38社不払い調査終了】かんぽ生命の不払いはないのか?

 本日の日経朝刊 第4面に、「生保不払い964億円 38社の調査終了、131万件に 再発防止策の徹底焦点」と題して記事掲載されました。

 不払いが明らかになったものについて各社 追加支払いは大半が完了しているとのことです。

 今回の調査は金融庁から2月に38社に対して調査指示が出されたものです。

 しかし、(社)生保協会に登録されております生命保険会社は11月時点で、41社ございます。

 残りの3社はどうなったのか・・・

 第一フロンティア生命保険(株)は昨年12月設立、クレディ・アグリコル生命保険(株)は今年6月開業です。

 ただ、今年10月1日に民営化された(株)かんぽ生命保険は・・・

 民営化される前は、金融庁ではなく、総務省(その前は郵政省)が所轄でありました。

 とても気になるところです。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:09:27 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年4月15日

生命保険未請求 例えばこんなケースが・・・

 昨日の日経朝刊 第1面に、『生保不払い 「手厚い保障」機能不全 特約など請求できる保険金 受取人に説明せず 115万件 調査継続』と題して記事掲載されました。

 その文中、代表的な2つの契約パターンがモデルケースとして紹介されておりました。
 
 1.三大疾病(がん、急性心筋こうそく、脳卒中)特約 

 脳卒中になり100日間入院し、医療保険で入院給付金を約50万円受け取った。
 ところが三大疾病になると保険金が支払われる特約にも加入していた。
 この場合は入院給付金とは別に最高で2,000万円を受け取れるにも関わらず未請求で受け取れなかった。

 2.通院特約

 足の骨を折って1週間入院し、入院給付金を3万円もらった。
 退院後の2ヵ月間、10日に一度のペースで通院していた。
 通院特約にも加入していたので、入院給付金とは別に通院費として1日当たり2,000円もらえるにも関わらず未請求で受け取れなかった。
 
 生命保険加入者は、自分が加入した保険で、どんな時に、どんなお金が、どういう手続きによってもらえるのかを再確認する必要があります。

 今回の生保各社の不払い調査の一環で、生保会社から「支払えた保険金があったかも知れない」という知らせが来た人は、案内の手順に従って生保に電話したり、診断書などを入手して支払いを請求します。

 支払いに該当することが確認されれば、追加で保険金が支払われます。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:07:28 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年4月12日

2001~2005年度に生保から保険金を受け取られた方は、保険金の不払い・未請求をチェックして下さい。

 本日の日経朝刊 第4面に、『不払いの可能性ある保険 契約者に「請求」要請 生保4社 6月末までに案内 あす調査結果発表』と題して記事掲載されました。

 多発する不払いについて、金融庁は今年 2月に生保 全38社に、追加で支払うべき保険金の調査を命じました。

 それを受けて各社は現在、事務作業ミスや契約者の未請求により、払えたはずの保険金の見落としをチェックしております。

 例えば、入院した場合に保険金が支払われる契約に「通院特約」が付いている場合が多くあります。

 「通院特約」が付いている場合、退院から120日以内の通院に対して、1日当り 数千円が支払われますが、退院時に入院給付金だけを請求して、その後に通院しても請求をしないケースが多いということです。

 現在の調査を受けまして、

 1.支払い漏れ確定分 → 明日(13日) 全生保会社が公表の上、支払いを実行します。

 2.支払い漏れの可能性がある分 → 明日(13日) 一部の生保会社のみ公表。 大手4社(日生、第一、明治安田、住生)は、契約者に対して6月末までに保険金の請求案内を送り、支払い漏れの有無を確認する。

ということになっております。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。 

投稿者:株式会社コストダウン 日時:06:01 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年3月 9日

4月からの見直し医療保険料 主要各社出揃う!

 本日の日経朝刊 第4面に、「医療保険1-4%下げ 生保各社の売れ筋平均 成長分野にテコ」と題して記事掲載されました。

 下表は主な医療保険の4月からの保険料についての一覧表です。

  タイプ
保険料
条件など
日本生命 終身、特約 男女、全年齢
第一生命 10年満期特約 年齢、性別によって下げ幅3~22%
住友生命 終身 男性で30~40代
明治安田生命 終身 除く女性30代まで
大同生命 定期の特約 30代まで、他は1%未満下げ
太陽生命 10年満期 女性は30代除く、男性は30代まで
太陽生命 10年満期 それ以外
三井生命 10年満期、終身 女性。男性は40代まで
富国生命 10年満期 男、女で30~40代除く
富国生命 終身 それ以外
朝日生命 10年満期特約 男性で40~50代除く、女性は30代除く
アフラック 終身 ↓(9月~) 女性で20~30代除く

 なお今回の改定は、11年ぶりに標準生命表が見直されたことによるものです。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

 

投稿者:株式会社コストダウン 日時:04:47 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年2月25日

増加中 生命保険無料相談所!(その2)

 2月12日(月)のトピックスで一度、取り上げさせて頂きました。(http://www.costdown.co.jp/blog/2007/02/post_350.html

 本日の日経朝刊 第15面に、『複数の保険一ヵ所で吟味 「来店型」代理店増える 駅やSC 相談サイトも充実』と題して記事掲載されました。

 その中で取り上げられておりましたサイトも追加してご紹介させて頂きます。

 【有店舗来店型】

 保険市場 → http://www.hokende.com/index.html

 保険クリニック → http://www.hoken-clinic.com/(パートナー代理店形式)

 保険相談.com → http://www.kakeiminaoshi.com/

 保険フォーラム → http://www.neutral-inc.co.jp/

 【相談サイト】

 生命保険契約ナビ → http://www.41fp.com/

 保険マンモス → http://www.hoken-mammoth.jp/

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:06:55 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年2月12日

増加中 生命保険無料相談所!

 ・保険会社や商品が多くてわからない。

 ・自分や家族で入っている保険が最適なものなのか?

 ・結婚や出生 等 ライフステージが変化して保険を見直したい。

 ・縁故で加入して、保険内容が把握出来ていない。

というようにお考えの方は多いのではないでしょうか?

 そのような方の為に、多くの保険会社の多くの商品を取り扱い相談に乗ってくれる無料相談所があります。

 そこではわかり易く説明してくれ、特定の会社の商品を勧めることなく、皆さんの立場に立って対応してくれます。

 以下、相応の店舗数を抱え全国展開されている会社をピックアップさせて頂きました。

 保険クリニック → http://www.hoken-clinic.com/(パートナー代理店形式)

 保険相談.com → http://www.kakeiminaoshi.com/

 保険フォーラム → http://www.neutral-inc.co.jp/

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:10:16 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年2月 2日

【9月から】がん保険 値上げか?

 本日の日経朝刊 第4面に、『アフラック がん保険1割値上げ 「死亡率」改定に合わせ』と題して記事掲載されました。

 生命保険各社は保険料算出の基準になる「標準死亡率」の改定に合わせて今年、11年ぶりに死亡保険 等の一部商品については、その保険料を値下げする予定です。

 その一方で、アフラック(アメリカン生命保険)は、がんの罹患(りかん)率が上昇しているため、がん保険を9月から1割程度値上げすることを発表致しました。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。 

投稿者:株式会社コストダウン 日時:06:04 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年1月25日

【4月から】生命保険各社 一部商品 保険料 一斉引き下げ!(11年ぶり)

 本日の日経朝刊 第4面に、「生命保険料、一斉引き下げ 今春、死亡率改定で11年ぶり」と題して記事掲載されました。

 生命保険各社が今春、保険料を11年ぶりに一斉に見直します。

 保険料を計算する基準となる「標準死亡率」が、長寿化を反映して4月に改定されることに伴う措置です。

 新たな保険料は4月以降の新契約や更新に適用されます。

 日本生命は昨日(24日)、企業向け団体保険の保険料改定を発表しました。

 値下げ幅は、40~55歳で4.2~9.4%。ただ30歳前後では逆に値上りしてしまいます。

 団体保険を扱う他の生保も改定作業を進めており、日本生命と同様の内容で見直すとみられております。

 また、個人向けの保険についても各社とも4月の見直しに向けて検討を進めております。

 一部、アリコジャパン、ジブラルタル生命は2月から先行して保険料を引き下げます。

 アリコジャパンが見直すのは、積立利率変動型終身保険の円建て型とドル建て型、収入保障保険の3商品です。

 ジブラルタル生命が見直すのは、終身保険、定期保険などの死亡保障商品です。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:14:57 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2007年1月17日

生命保険 終身保険 等 保険料下げ!?

 本日の日経朝刊 第7面に、「アリコジャパン 主力3商品 保険料下げ 死亡率見直しを前倒し反映」と題して記事掲載されました。

 アリコジャパンは、他社に先行して2月2日 契約分からの引き下げを発表しました。

 対象となるのは、積立利率変動型終身保険の円建て型とドル建て型、収入保障保険の3商品です。

 下げ率は2%程度。

 11年ぶりに保険料の計算の基礎になる死亡率が見直されることを受けての措置ということです。

 大半の会社は4月から新しい保険料に切り替えると見られております。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:05:43 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コストダウンのお問い合せ

あなたの会社の経費、見直されていますか?

御社の経費を無理なくコストダウン

電話でのお問い合せ
フリーダイヤル 0120-875-430
株式会社コストダウン

トピックス

過去の記事

2018年分
2017年分
2016年分
2015年分
2014年分
2013年分
2012年分
2011年分
2010年分
2009年分
2008年分
2007年分
2006年分

毎週ひとネタ 知って得するコストダウン情報! タイトル画像

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム

解除フォーム