トピックス

過去ログ「2009年5月」

2009年5月31日

【明日から】飲酒運転 行政処分厳格化!


 明日6月1日からの改正道路交通法が施行されます。

 「道交法施行令改正の主な内容」」(欠格期間とは免許取り消し後、新たに免許を取得できない期間のことです)
項目 現行 改正後
危険運転致死傷 欠格期間は一律5年 被害者のけがの程度に応じて5~8年(ひき逃げは10年)
酒酔い運転・麻薬を使用しての運転 欠格期間は原則2年。事故を起こした場合は2~5年 原則3年。事故を起こした場合は3~7年(ひき逃げは10年)
救護義務違反(ひき逃げ) 他の違反に付加する点数として処理。2~3年を加算 独立の処分理由とし、3年の欠格期間。他の違反と合わせると最長10年
酒気帯び運転 呼気1リットル当たり0.25ミリグラム以上は免許停止90日 免許取り消し。欠格期間2年。
呼気1リットル当たり0.15ミリグラム以上0.25ミリグラム未満は免許停止30日 免許停止90日。事故を起こせば免許取り消し

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:23:59 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年5月30日

電力会社、大手都市ガス会社 7月料金動向。

 電力会社、大手都市ガス会社では、5月料金から燃料費(もしくは原料費)調整制度に基づいて、毎月見直しをすることになりました。

 ここのところ原油価格は下げ止まり、液化天然ガス(LNG)が下落している為、7月料金では各社ばらつきが出ました。

 ちなみに7月料金は2月~4月の3ヵ月間の平均燃料価格を反映させたものです。(6月料金は1月~3月)

 以下、各社の動向です。

 北海道電力 値上げ 

 東北電力 値下げ

 東京電力 値下げ

 中部電力 値下げ

 北陸電力 家庭用・低圧 値下げ、高圧・特別高圧 値上げ

 関西電力 値下げ

 中国電力 値下げ

 四国電力 値上げ

 九州電力 値下げ

 沖縄電力 値上げ

 東京ガス 値下げ

 東邦ガス 値下げ

 大阪ガス 値下げ

 西部ガス 値下げ

 ただ 電気料金、都市ガス料金のコストダウンに取り組んでおられる会社で注意しないといけないのは、調整制度や毎月見直しになったことを知らないと、ぶれた評価をする可能性があるということです。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:18:00 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年5月29日

【中間報告】簡保不払いの可能性の高い契約 約22.3万件。

 本日、㈱かんぽ生命保険からリリースされました。

 現在、かんぽ生命は2003年4月~2007年9月に支払い請求があった約1,300万件につきまして調査中です。

 その中で明らかにされております。

 かんぽ生命 プレスリリース → http://www.jp-life.japanpost.jp/aboutus/press/archives/pdf/pr090529.pdf

 なお、不払いに関する時効は原則5年ですが、特例措置によりその時効を過ぎていても不払いが判明すれば支払いの対象になります。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。 

投稿者:株式会社コストダウン 日時:17:27 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年5月28日

平成20年度 クールビズ成果!

 過去2回の発表はその年の11月もしくは12月に行なわれておりましたので、平成20年度発表は大幅に遅くなりました。

 今後は年度を締めてから発表される可能性もあります。

 さて、成果そのものですが(環境省 26日 報道発表)、

 クールビズの認知度は93.6%(過去2回より減少)、「COOL BIZ開始以降、勤務先が冷房時の室温を高く設定している」という回答は61.8%。(昨年対比 13.7ポイント増)

 そして、そのことによるCO2削減推計値は、約300万世帯(昨年対比 50万世帯増)(日本の総世帯数の約6%)の1ヵ月のCO2排出量に相当する約172万トン(昨年再推計値対比 32万トン増)の削減に値するということです。(環境省 クールビズ成果リリース http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=11156

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:16:32 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年5月27日

注文住宅 建てるなら過度の前払いにご注意! 

 本日、放映されましたNHKクローズアップ現代 「そして、ローンだけが残った ~相次ぐ住宅メーカーの破たん~」を観ました。

 そこでは大半の支払いを済ませたにも関わらず住宅会社が破綻してしまい更地のまま放置された家、上棟で工事が止まっている家などが紹介されました。

 破綻した住宅メーカーとして紹介されましたのは富士ハウス(静岡)、アーバンエステート(埼玉)。

 その2社の例として特にクローズアップされたのが、「前払いしてもらえれば割引します」というパターンです。

 分譲住宅や分譲マンションの場合は、手付金は支払いますが、大半は引渡し時の支払いになります。

 しかし土地は別で手当てし、住宅だけを建てる注文住宅の場合、契約時 1割、着工時 3割、上棟時 3割、完成時 3割という支払いが一般的です。

 それに対して、契約時に割引を条件に、予算の大半の支払いを提案してきて、それに応じてしまった方々がいます。

 そうした過払いに対して、住宅メーカーが破綻した場合に救済するセーフティネットは存在しません。

 注文住宅を建てる予定のある方は、慎重な住宅メーカー選びと絶対、前払いをしないようにするしかないのが現状です。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:19:55 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年5月26日

【診断事例】都市ガス料金のコストダウン!

 とある会社から電気料金と都市ガス代の無料診断の依頼を頂戴しました。

 そこで診断させて頂いた結果、電気料金は適正プラン、都市ガス料金は7.6%削減出来る結果が出ました。

 7.6%は約1ヵ月分に相当します。

 この会社は年中無休でサービス提供されております。

 同じような事情の会社様にとりましては、電気料金、都市ガス料金を削減出来る可能性があります。

 目安としては毎月10万円以上、支払われていることが条件にはなりますが、一度、見直しをされては如何でしょうか。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:17:13 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年5月25日

クレジットカード手数料のコストダウン!

 今では当たり前になったクレジットカード。

 実はお店や会社側ではクレジットカード会社に手数料を支払っています。

 その率は、カード会社やボリュームによって違うのですが、その料率のコストダウンを手がける会社があります。

 先日、とある会社から要望を頂きましたので、早速、無料診断に着手させて頂きました。

 現状かなり有利な料率で取り引きされているようですが、下がることを期待しています。

 エステ業界以外なら業種を問わず、規模を問わず対応出来ます。

 クレジットカード手数料をコストダウンしたいとお考えの企業様、どうぞお気軽に問い合わせ下さい。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:20:06 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年5月24日

国際電話のコストダウン!

 先日、私(代表 片桐)の古い友人と再会し、彼が社長を勤める会社のサービスを教えてもらいました。

 今、力を入れているサービスの一つが、格安の国際電話料金サービスです。

 サービス名は、Global Lineで、サービス利用に伴う基本料金は無料で、アメリカ宛で15円/分、中国宛で16円/分でかけることが出来ます。

 詳細はサイトをご覧下さい。

 こちらです。 → http://www.impulse-jp.net/gline.html

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:19:46 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年5月23日

新型インフル-妊婦さん、慢性疾患のある方は特にご注意!

 5月9日にカナダから帰国した日本人に初の発症が確認され、5月16日に国内感染者が出始めた2009年新型インフルエンザ。

 日を追うごとに新しい情報が加わります。

 ただ、日本でも地域毎に意識の差があり、個々人により知識に差があるようです。

 昨日(22日)の日経夕刊 第1面にも載ったのですが、WHO(世界保健機関)が作成した医療機関向け指針が明らかになりました。

 指針では、「新型インフルエンザは複雑な病気ではなく発症期間も短く、大半の患者は入院もインフルエンザ治療薬も必要ない」とする一方で、妊婦、糖尿病、心臓、肺、腎臓に慢性疾患のある方は、合併症を起こしやすく重症化する可能性があるので、タミフルなどのインフルエンザ治療薬の早期投与をした方が良いともしています。
 
 あと先日(18日)、放映されましたNHKクローズアップ現代 「どう対応 国内感染拡大」では、お年寄りやガン患者、5歳以下の子供など抵抗力の低い人達にも注意を呼びかけていました。

 また、上記に当てはまらない人でも、人ごみを避ける、外出時のマスクの着用、うがい・手洗いの励行、十分な睡眠を取り、規則正しい食生活をし抵抗力を落とさないことは大事です。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:06:04 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年5月22日

今は魚が安いらしい!?

 私(代表 片桐)自身も食費の節約でつい先だってまでは、鶏肉や豚肉が主流でしたが(牛肉はぜいたく品)、健康診断で脂肪を抑える必要が出てきて、焼き魚にシフトしています。

 そうすると一時期値上がっていた魚が元の値段に戻ったり、特価で出ていることが目につき出しました。(ただ、お刺身は相変わらず、ぜいたく品です)

 今朝の日経朝刊 第35面にも載っていたのですが、世界的な不況で魚が余り出し、それに円高、原油価格の下落が輪をかけて今年に入って店頭価格が下っているとのことです。

 魚を食べるなら今がチャンスということになるのでしょうか。

 以上です。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:08:22 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年5月21日

最早、消耗戦 喰うか喰われるか-外食産業!

 本日(21日)、放映されましたNHKクローズアップ現代 「節約志向の客をつかめ ~外食“激安”バトル~」を観ました。

 皆さんも「外食を減らしている」、「外食が減った」という実感はあるのではないでしょうか。

 外食市場はこの10年で既に30兆円→25兆円に減ったということです。

 それに今、追い討ちをかけて、外食産業の売上が減っています。

 そんな中で、一気呵成に成長を目指す格安メニューを全面に押し出した新ブランド、あるいは生き残りを賭け大幅値下げを断行する既存プランド。

 しかし、それで来店や売上が増えても利益につながるかは別問題です。

 外食産業はきわめて難しい事業です。

 値下げに会社の体質がついていけるのか、会社の体質は値下げに耐えうるのか。

 そう簡単には行くはずもありません。

 これまで消費者に受け入れられ、そして存続して来た低価格ブランド外食企業には、隠されたノウハウや理念があるはずです。

 片や消費者にとっては、値下がりはありがたい話です。

 上手く利用することです。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:21:10 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年5月20日

観ました。 NHKプロフェッショナル「”ばかもの”が、うねりを起こす」

 一地方公務員から地域再生の手腕を買われて内閣府の職員になり、スーパー公務員として取り上げられた方を取材した内容でした。

 この方の他にも地域の活性化・再生を地元密着で行なっている地方公務員の方がおられるのではないでしょうか。

 でなければ、公務員の組織そのものに大きな問題があると思います。

 民間は今回の番組で取り上げられたようなことが人材に求められ、それぞれが必死で考え、その役割を演じようと努力しています。

 理由は、そうでなければ自分の存在価値がなくなり、また、会社がなくなってしまうかも知れないからです。

 ですから優秀な人材が豊富にいます。

 番組で取り上げられた方も立派だとは思います。

 しかし、組織論の観点で言えば、むしろ、この方を取り上げ、つぶさなかった役所の諸先輩や上司も偉いと思います。

 また、二宮 金次郎(尊徳)のしたことも、今で言う地域再生です。

 そういう意味では、二宮 金次郎(尊徳)を今一度、勉強してみる必要もあるのではないでしょうか。

 読み易い小説も出ております。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:09:40 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年5月19日

就職戦線 異常アリ!

 本日(19日)、放映されましたNHKクローズアップ現代 「正社員への狭き門 ~世界不況に揺れる就職戦線~」を観ました。

 私(代表 片桐)は現在46歳、今から23年前、1986年(昭和61年)に就職し、ビジネスの社会に入れてもらいました。

 以来、1社に20年、正社員として勤務し、その後、起業して現在に到っております。

 この23年間で求人倍率も激しく上下し、また、終身雇用の崩壊、実力主義評価の導入等にもより、採用する企業側の求める人材像も大きく変化して来ております。

 番組の中で就職活動をする学生の一人が、「正社員になりたいです。(正社員にならなければ)将来が不安でたまらりません(将来設計が出来ません)」と語っていたのが印象的でした。(ちなみに求人倍率は1.62倍あります)

 就職活動当時を思い出しますと、私自身は、自分が何をしたいかがわからなくて、就職先を迷いました。(迷わせてもらう余裕があったと言った方が正しいのかも知れません)

 バブル期で学歴重視と呼ばれる就活環境の中で、生保、損保、銀行、商社、地元優良企業を受けさせてもらいました。

 ただ、内定は頂けませんでしたが・・・(自分で言うのも何ですが、未知の自信だけはあり、出来た学生ではなかったと思います)

 「自分の実力が反映され、実力が高まっていく」ということと、当時、社長が30歳代後半で若く、「その社長の現役人生がまだまだある以上、自分達と一緒に頑張ってくれるだろう」ということと、何よりも自分の心に一番、響く話が聞けて(他の会社は人事担当や責任者の通り一辺倒の話でした)、自分が何をしたいかとまではわからなくても、自分がしたいと思えるものが見つかったような気がして、とある地元のコンサルティング会社に決めました。

 そして今の自分があるのは、間違いなくその会社のおかげであると心から感謝しております。

 ただ、入社当時は、今の学生に求められているような即戦力など全く持ち合わせていない、社長から「箸にも棒にもかからん奴」と言われるような有様でした。

 それでも長い目で見てもらったお蔭で今の自分があります。

 即戦力にはならなかったのですが、今、振り返って思うのは、器用でなかったので、昇進・昇格・昇給の為に、自分の思考回路や価値観や良心をゆがめることなく来れたのかな、実はそれはとても幸せなことだったのではないかと思います。(会社には余り貢献出来ませんでした。すみません。今、恩返し中のつもりです)

 今、就職活動をしている学生の方々には、入社してからが本当の勝負であること、そして採用側は、これまで買い手市場だった時の人材が今、どのように社内で活躍しているのか、また、採用した新卒を活かせているのか等、過去を分析することが大事だと思います。

 採用側にとっても、どう育てるのかの方が大切だと思います。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:20:09 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年5月18日

観ました。 NHKスペシャル「マネー資本主義 第2回 “超金余り”はなぜ起きたのか?~カリスマ指導者たちの誤算~」

 昨日(17日)、放映されましたNHKスペシャル「マネー資本主義 第2回 “超金余り”はなぜ起きたのか? ~カリスマ指導者たちの誤算~」を観ました。

 第2回ではアラン・グリーンスパン前FRB議長とロバート・ルービン元米財務長官という崩壊前の金融バブルに深く関係したと思われる2人にスポットが当てられて構成されておりました。

 そのことでバブル崩壊前のアメリカの金利政策や為替レートの背景や流れが良くわかりました。

 ただ、それは番組が伝えたかったメッセージへ向けての長い長いイントロの部分で、「超金余りの中でもっとお金が欲しい、もっと良いくらしがしたい、もっと良い老後を迎えたいというそんな小さな私達のもっとが世界中から集まってはじけたのがバブルの崩壊ではないですか」と締めくくっていました。

 そしてそうした欲がなくならない限り、また同じことが起る可能性はあるともしていました。

 私(代表 片桐)もそう思います。

 ただ、前回分のトピックスでもコメントさせて頂きましたが、どこまで行っても納得出来ないのは、当事者だけがその恩恵や損失を被るのではなく、むしろ、のうのうと資産や立場を確保し、逆に当事者ではない圧倒的多数の人達が家を失い、職を失い、人生を狂わされてしまうことだと思います。

 ある種、戦争に似ていると思います。

 戦争を始めた人は無傷で良いものを食べており、まして戦勝すれば、おとがめさえないのに、戦地へ赴いた人やその家族は心理的、物質的に苦しみを強いられるような・・・

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:13:38 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年5月17日

大人に読んで欲しい漫画-「ナニワ金融道」。

 昨日(16日)の日経プラス1 「何でもランキング」は、「大人に読んでほしい漫画」で、「ナニワ金融道」はその6位でした。

 私(代表 片桐)は、創業前に読みました。

 動機は経営者として経済や金融のダークな部分を知っておくことは大事だと思ったからです。

 経営をしていて、資金繰りについて、いざ困った時に、どうすれば良いか、またどうしてはいけないかを含めて色々なことを教えてもらったような気がします。

 経営者は「知りませんでした」が許されない立場です。

 「無知が罪」に直結する役職です。

 綺麗ごとで経営が進んで行けばそれにこしたことはありませんが、しかし、そうもいかないのが経営です。

 また、知っておかなければならないけれども、いざ、本当に困った時に、読めない精神状態に陥りそうな世界を取り上げているのが「ナニワ金融道」です。

 そういう意味で私も「ナニワ金融道」はお薦めします。

 また、「ミナミの帝王」もお薦めです。

 「ミナミの帝王」の方は今、DVDで勉強中です。

 以上です。 

投稿者:株式会社コストダウン 日時:20:12 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年5月16日

裁判員制度 5月21日スタート!

 昨日(15日)、放映されましたNHKクローズアップ現代 「なぜ私たちが法廷に ~裁判員制度の意義を問う~」を観ました。

 結論的に私(代表 片桐)が思いますのは、この新制度導入についての説明不足です。

 日本では三権分立(立法、行政、司法)の内、司法については、これまで市民参加が実現しておりませんでした。

 それが実現しようという大きな意味を持つ出来事です。

 しかも裁判員制度が適用されるのは地方裁判所で行われる刑事裁判のうち、殺人罪、傷害致死罪、強盗致死傷罪、現住建造物等放火罪、身代金目的誘拐罪など、一定の重大な犯罪についての裁判です。

 被告に死刑や無期懲役の判決を下さなければならない場合もあります。

 そうしたものに対して、市民から無作為に裁判員を選出して行われます。

 裁判員制度により司法、裁判、刑事事件について学習が進んだり、また、選出されたり、選出される可能性による犯罪抑止もあるのかも知れません。

 しかし、今、なぜ裁判員制度がこのような形で導入されるのか、その目的や背景にある問題点が釈然としません。

 もっと広報されてしかるべきではないでしょうか。

 以上です。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:18:22 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年5月15日

大企業の人件費増要因-健保組合財政難で保険料引き上げ!

 本日の日経朝刊 第1面トップに、「健康保険料 大企業も上げ NECなど 社員負担2ケタ増」と題して記事掲載されました。

 給与やボーナスが増えない中で、高齢者医療制度への拠出負担の増加で企業や業界団体・組合の健康保険組合の財政が悪化し、解散を余儀なくされる、あるいは保険料が引き上げられる問題は想定され、弊社トピックスでも既に取り上げさせて頂きました。

 新年度がスタートし、4月から引き上げ、5月徴収分から反映されるということで、この時期にリリースされているものと思われます。

 料率の引き上げで加入者の負担も増えると同時に、5割以上の負担が義務付けられている企業側の負担も増すことになります。

 結果、給与・賞与に年金や健康保険料の企業側負担分をプラスした人件費が増加することになります。

 中には協会けんぽ(主に中小企業の社員やその家族が加入する)の現行料率の8.2%を上回る健保組合も出て来ました。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:16:23 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年5月14日

物価の優等生 もやし!

 これまで物価の優等生と言うと卵が有名でした。

 しかし昨年の物価高で卵さえ値上りしました。

 その中で値上りがなかった唯一と言えるものが「もやし」です。

 昨日(13日)の日経朝刊 第27面に「不況はもやしの旬 販売2ケタ増ペース」と題して取り上げられておりました。

 値段が安いにも関わらず、栄養が豊富で「不況になるともやしが売れる」と言われているそうです。

 キッコーマンではもやし料理 約80種類のレシピを公開しています。

 こちらです。 → http://www.kikkoman.co.jp/homecook/series/moyashi02.html

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:16:59 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年5月13日

いい歳をして親や先祖のせいにするな!

 本日、辞任した鴻池祥肇官房副長官。

 表向きは健康上の理由とされますが、真相はいわゆる愛人スキャンダルと公私混同問題。

 公人たる者としてそのことは大いに問題でありますが、それに加えて、ある新聞社の取材に対して「ボクには祖父の代からのDNAがある。親父も大酒飲みやし女癖も悪かった。そのDNAがボクにもある」と答えたとか・・・

 68歳にもなるいい大人が、自分の問題を親や先祖のせいにするとは、何ともはや、開いた口が塞がりません。

 過去の経歴を見てみると、先祖や親なしでは、今のポジションもなかったと思われます。

 先日、辞任した民主党 小沢代表も以前の辞任問題で、「自分は東北人で口下手で・・・」も自分の問題を出身地のせいにしていたことがありますが。

 情けなくなります。

 以上です。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:17:42 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年5月12日

本番力を高めろ!

 本日(12日)放映のNHKクローズアップ現代 「勝負強さは“脳”が決め手」を観ました。

 そこではトップアスリートを筆頭にビジネスマンに注目されている「ここ一番」の力を高める為の脳科学の研究の始まりと活用が紹介されておりました。

 脳科学の研究はまだ始まったばかりですが、番組から教えられたのは、「後ろ向きな思考はここ一番の力を阻害する」ということです。

 例えば、我々は時に、「ダメだ」、「ダメなんじゃないか」、「難しい」というような否定的な言葉が口をついて出たり、頭をよぎったりすることがあります。

 そういう思考を心がけて排除することで緊張を解きほぐし、リラックスした良い意味での集中、すなわちここで言うところの本番力を高めることが出来るようです。

 本番力は集中力+リラックスであり、集中力+緊張感ではないようです。

 その為にもせかせか生きるのではなく、ゆったりと構えて過ごすことが大事ではないかと思います。

 もう一つ興味深かったのは、「最高のパフォーマンスを発揮したい」と行動しても、「ゴールが近い」と思うと、そこで「パフォーマンスが落ちてしまう」ということです。

 かといってゴールはまだまだ先だと思えという訳ではなく、もう少し先に置くことで、最後まで最高のパフォーマンスを維持出来るということです。

 常に少し高い目標やゴールを設定することが、如何に大事かがわかりました。

 今日の解説は脳科学について積極的に活動されている茂木健一郎氏で、「まだ脳の働きについて研究で明らかになった範囲は1%に満たない」とおっしゃっていましたが、確立していないとは言え、そこに人の注目を得たということでは、意味のあることだと思います。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:19:58 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年5月11日

既に真夏日 もうクールビズを始めよう!

 昨日(10日)に全国各地で早くも最高気温 30℃以上の真夏日を記録しました。

 2005年から本格化し今年で5年目を迎える日本でのクールビズ。

 例年6月の環境月間を期にスタートしておりますが、目的はCO2の削減です。

 とすればもうスタートさせても良いのではないでしょうか。

 少なくとも社内ではそうすべきだと思います。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:19:27 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年5月10日

人とは付き合い方一つ!

 私(代表 片桐)はたまたま地域のグラウンド・ゴルフの世話役をさせて頂いております。

 そのおかげでメンバーの方から、「ちょっとこれもらったので・・・」とか「いつもお世話になっているし・・・」とものや言葉や元気をもらうことがあります。

 もちろんその為に世話役をさせて頂いている訳ではありません。

 自分も近所付き合いが面倒に思える時もあります。

 でも所詮、人間一人では生きられません。

 誰かの世話にならなくてはならない時があります。

 お互いに。

 そのちょっとした人との触れ合いから、お互いがハッピーになれれば良いかなと思います。

 いわゆるGIVE & TAKEです。

 付き合いも商いも同じではないでしょうか。

 そんな風に思います。

 以上です。 

投稿者:株式会社コストダウン 日時:21:05 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年5月 9日

電気、ガス料金明細書にCO2排出量が記載されていますか?

 今年4月1日から改正地球温暖化対策推進法が施行されております。

 この法律で電気、ガス事業者は料金明細書に排出CO2量を明記するように求められています。

 そろそろ4月分の請求書が届き出していると思いますので、確認してみて下さい。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:17:16 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年5月 8日

東京電力 柏崎刈羽原発7号機、あす試運転!

 新潟県の容認待ちの状態でありました柏崎刈羽原子力発電所 7号機(全七基)の試運転につきまして容認がおり、東京電力は明日(9日)、試運転を実施します。

 一昨年 2007年7月に起りました新潟県中越沖地震後の停止以来、実に1年10ヵ月ぶりです。

 柏崎刈羽原発稼動時は東京電力の総出力の約13%を占めており、7号機だけですと2.2%に相当します。

 柏崎刈羽原発停止以来、東京電力は需要期の夏場はありとあらゆる手段を講じて供給不足に陥らないように対応して来ました。

 ですから2.2%とはいえ、東京電力にとりましては待ちに待った再開の入り口であります。

 また昨年は原油高が重なり、原子力発電以外で一部電力を補った東京電力としては、電力料金を高く設定せざるを得なかった事情があります。

 7号機の安全性が確認されれば、次は6号機です。

 道のりは遠いですが、運転再開されていく毎に電力料金に反映されて行くものと思われます。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。 

投稿者:株式会社コストダウン 日時:18:54 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年5月 7日

社会全体で人に投資せよ。

 昨日(6日)、放映されましたNHKスペシャル 「“35歳”を救え あすの日本 未来からの提言 」を観ました。

 私(代表 片桐)は現在46歳、11歳年上になります。

 その35歳という世代につきまして想像はしていましたが、自分と10年違うだけでこうも違うかという印象を強く持ちました。

 今後、日本経済や日本社会を背負っていく世代ということでは、注目しなければならない世代です。

 この番組から私が受け取ったメッセージは、「(社会全体で)人に投資せよ」ということです。

 1時間15分という短時間では総花的にならざるを得なかったと思いますが、35歳世代の現実を垣間見て考えるということでは意味のある番組だったと思います。

 今後、もっともっと踏み込んだ研究や議論が必要だと思います。

 NHKは番組作成の為に事前に35歳 1万人アンケートを実施しましたが、これは35歳人口 約200万人の内、200人に一人が回答したという計算になります。

 これはすごいことだと思います。

 是非、有効に活用して頂きたいと思います。

 いずれにしてもこの世代が明るく夢を持って過ごしていないことには、その次の世代が夢を持てませんし、負の連鎖につながります。

 とても大事なことです。

 以上です。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:08:49 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年5月 6日

今年のGW 交通事故は少なかったのではないでしょうか。

 多くの人出が予想されました今年のゴールデンウィーク(GW)ですが、特に1000円高速道路やガソリン代の落ち着きで新幹線や空の便の混雑以上に高速道路の渋滞が多く伝えられました。

 高速道路については想像以上の混雑で「これならもとの値段の方がまし」という極端なことを言う人までおられました。

 しかし、いつも大型連休になると伝えられる交通事故やそれに伴う死傷者のニュースが極端に少なかったように思います。

 これはある意味、過剰渋滞のおかげではないかと私(代表 片桐)は思います。

 後日、交通事故の多さ少なさについてはリリースされると思いますが、今、そう感じております。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。 

投稿者:株式会社コストダウン 日時:16:18 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年5月 5日

受難 捨てられるペット達。

 不況で日本でもペットが捨てられるケースが新聞記事として登場するようになりました。

 予想はしておりましたが、トピックスに掲載することで助長してはいけないと、今回の不景気に伴うものとしては取り上げて来ませんでした。

 ペットを飼う以上、飼い主責任があります。

 人間のエゴで左右してはならないと思います。

 以上です。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:18:51 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年5月 4日

NHKスペシャル シリーズ「JAPANデビュー」について思いますこと。

 私(代表 片桐)は昨日(3日)放映されましたNHKスペシャル シリーズ「JAPANデビュー」 第2回「天皇と憲法」を観ました。

 4月5日に放映されました第1回「アジアの“一等国”」も観ました。

 第1回「アジアの“一等国”」につきましては、放送後、議論を巻き起こしました。

 正直、私自身も観た後ショックを受けました。

 それで第1回だけ観てこのシリーズを判断するのは早いと思い、積極的に第2回も観ました。

 私は今の所、NHKならではの非常に大胆に切り込んだ番組だと感じました。

 大切なことは観て一人一人が感じ、考えるということだと思います。

 そういう点で残念なのは第1回目だけを観て、観なくなってしまった人がかなりおられるのではないかということです。

 人間何事もまず感じ考えるということが大事だと思います。

 以上です。 

投稿者:株式会社コストダウン 日時:19:28 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年5月 3日

憲法改正 How much?

 今日は憲法記念日。

 それに伴い各地で憲法について議論される場面もたくさんあったのだと思います。

 真剣にそして長年、研究されている方にはとても下世話な話になるとも思うのですが、私(代表 片桐)は、「もし憲法を改正するとしたら、それに伴う費用はいったいいくらになるのだろうか?」などとふと思いました。

 検討に必要な時間コスト等も含めて考えると、それはとてつもないコストになるのではないでしょうか?

 だとするとそれは今、必要かというと、そうではないということに落ち着いて身も蓋もないことになってしまいますが・・・

 決して議論することに意義がないと言うつもりはありません。

 憲法改正はお金のある時にしか出来ないものごとのような気がして来ました。

 以上です。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:18:56 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年5月 2日

自動車税がクレジット払い出来る自治体-Yahoo!公金払いにて!

 カードはVISAかMasterCardに限られますが、Yahoo!公金支払いでは、新潟県、岐阜県、和歌山県、香川県、福岡県、熊本県、佐賀県、宮崎県の8県で自動車税のクレジット払いが可能です。

 ただ手数料が315円(税込)追加で必要になります(佐賀県のみ税込300円)のでご注意下さい。

 詳細はYahoo!公金支払いをご覧下さい。

 こちらです。 → http://koukin.yahoo.co.jp/

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

 

投稿者:株式会社コストダウン 日時:18:24 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年5月 1日

五月病と言っていられない!

 明日から正味のゴールデンウィーク(GW)に突入します。

 4月に入社したばかりの新入社員が、初めて迎える大型連休で実感する気持ちや精神的な何かのことを五月病と呼ばれてきましたし、自分(代表 片桐)も社会人1年目には、そのような心持ちになったような思い出があります。

 ちなみにWikipediaでは、「五月病(ごがつびょう)とは、新人社員や大学の新入生などに見られる、新しい環境に適応できないことに起因する精神的な症状の総称である。」と解説されています。

 しかし今年の新入社員にとっては、折角、採用された会社を辞めても、次の就職口は非常に見つかり憎い状況です。

 五月病などにかかっていられない環境があります。

 いや、むしろかかり易い状況があるにも関わらず、発露することが許されないだけかも知れません。

 もしかして、五月病は死語になってしまうのでしょうか。

 ふとそんなことを思いました。

 以上です。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:22:15 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コストダウンのお問い合せ

あなたの会社の経費、見直されていますか?

御社の経費を無理なくコストダウン

電話でのお問い合せ
フリーダイヤル 0120-875-430
株式会社コストダウン

トピックス

過去の記事

2017年分
2016年分
2015年分
2014年分
2013年分
2012年分
2011年分
2010年分
2009年分
2008年分
2007年分
2006年分

毎週ひとネタ 知って得するコストダウン情報! タイトル画像

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム

解除フォーム