トピックス

過去ログ「2011年12月」

2011年12月31日

【1月1日~】ビジョンメガネ 2012年お年玉付き年賀状 抽選番号で値引き!

 ビジョンメガネでは2012年1月1日(日)~2月5日(日)、恒例の2012年 年賀状のお年玉抽選番号によるメガネ一式、補聴器、コンタクトレンズの値引きキャンペーンが実施されます。

 今回はメガネ、補聴器とコンタクトレンズで別体系になっておりますので、ご注意下さい。

 また本キャンペーンとの併用は出来ませんが、JAF会員の場合、一年中1グループを対象に眼鏡フレーム・眼鏡レンズ・補聴器が店頭価格より10%割引になりますので、上手く使って下さい。

 JAF会員優待に関しましては、弊社トピックス 「JAF会員優待でメガネ割引!」をご覧下さい。

 こちらです。 → http://www.costdown.co.jp/blog/2011/01/post_1837.html

 ○メガネ一式、補聴器当選番号

 最高特等 10万円     A・B・C組共通 888333(1回の購入で2商品まで)

 1等      1万円引き 下5ケタ 00524、12210、63913(ただし1万5千円以上購入の場合のみ)

 2等      7千円引き 下3ケタ 010、123、291、510、777、921(ただし1万円以上購入の場合のみ)

 3等      5千円引き 下2ケタ 00、11、22、33、44、55、66、77、88、99(ただし1万円以上購入の場合のみ)

 4等      3千円引き 下1ケタ 0、1、2、3、4、5、6、7、8、9(ただし1万円以上購入の場合のみ)

 5等      1千円引き 「ビジョンメガネホームページを見た」と言うだけ(ただし1万円以上購入の場合のみ)

 ・当選ハガキ1枚で一人1回限り有効で、未使用の年賀状は利用出来ません
 ・おつりは出ません
 ・フレームの枠替え、レンズ入れ替えの場合は当選金額の半分が割り引かれます
 ・度付きサングラスを除く既製サングラス、パーツ交換、修理、付属品には使えません

 ○コンタクトレンズ当選番号

 1等 両眼コンタクト2箱無料 下5ケタ 00524、12210、63913(1day両眼1ヵ月分または2week両眼3ヵ月分)

 2等 3千円引き 下4ケタ 1357、2012、2468、9876(ただしソフトレンズ、ハードレンズは2枚、使い捨てコンタクトレンズは2箱以上の購入の場合のみ)

 3等 1千円引き 下3ケタ 010、123、291、510、777、921(ただしソフトレンズ、ハードレンズは2枚、使い捨てコンタクトレンズは2箱以上の購入の場合のみ)

 4等 使い捨てレンズ1箱分 300円引き、ソフト・ハードコンタクトレンズ1枚 500円引き 「ビジョンメガネホームページを見た」と言うだけ

 ・当選ハガキ1枚で一人1回限り有効で、未使用の年賀状は利用出来ません
 ・おつりは出ません
 ・コンタクトケア用品、付属品には使えません

 詳細はビジョンメガネ 対象サイトで必ずご確認下さい。

 こちらです。 → http://www.vision-megane.co.jp/special/

 なお1月1日~4日の営業時間は、

 1月1日 一部店舗のみ営業
 1月2日 10:00~18:00
 1月3日 10:00~18:00
 1月4日 10:00~19:30 ※通常通り

 ※インショップ店舗は、母体に準じて営業

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:04:21 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月30日

高速道路ガソリン価格 給油所別最新情報の調べ方!

 ○東日本高速道路 → http://www.driveplaza.com/sapa/shisetsu_service/gas_station/ 

 1.「ドラぷら」サイトの「ガスステーション」ページが開きます

 2.画面一番下の「高速道路のガソリン販売価格」の中の「ガソリン価格一覧(20○○.○○.○○更新)」をクリックします

 3.PDFファイル「油種別販売価格」が開きます

 ○中日本高速道路 → http://sapa.c-nexco.co.jp/guide/gs

 1.「給油についてのお知らせ」というページが開きます

 2.最下段の「ガソリン価格ほか」の中の「■NEXCO中日本エリアのガスステーションの油種別販売価格 高速道路ガソリン価格一覧(20○○年○○月○○日~20○○年○○月○○日):価格一覧」をクリックします 

 3.PDFファイル「エリア別燃料油販売価格(油種別)」が開きます

 ○西日本高速道路 → http://www.w-holdings.co.jp/gs/

 1.「GSマップ・ガソリン価格」というページが開きます 

 2.ページ中段の「高速道路のガソリン価格について」の「高速道路ガソリン価格(各ガスステーションの油種別販売価格) 最新の価格情報一覧をPDFでお伝えしています。」にある「詳細はこちら」をクリックします

 3.PDFファイル「油種別販売価格」が開きます

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:05:36 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月29日

テレビのない生活 5ヵ月経過

 7月24日に地デジ完全移行されましたが、私(代表 片桐)の家では対応せず、それ以降、自宅ではテレビを観ていません。

 もともとそれ程、テレビを観る家ではなく、特別、困ったことはありません。(少なくとも生命に関わる問題はないと思います)

 そこでテレビを観ないことによる、メリット、デメリットをまとめてみようと思います。

 1.デメリット

 ・好んで観ていたNHKクローズアップ現代、スペシャル、大河ドラマ、民放アメトークが(リアルタイムで)観られなくなりました

 ・自分の関心外のことについて、勝手に飛び込んで来て、「知らされる」、「知ることとなる」、「教えてもらう」情報がなくなりました

 ・「家政婦のミタ」がどのような番組かを観て知ることが出来ませんでした(なでしこジャパンのW杯優勝は観ることが出来ました)

 ・テレビ発信の流行等の情報がなくなり、他のメディア(新聞、ネット情報)で伝わる情報とのインパクトギャップを感じます

 ・もしかすると世の中の流行(流れ)をキャッチできていないかも知れません

 ・特にクリスマス、年末という意識が薄くなりました

 ・身内の家に行っても、ついついついているテレビを消してしまいます

 2.メリット

 ・食事等に集中できます(もともと観ながらの食事はしておりませんでしたが・・・) → 夫婦の会話が増えた?、ながら時間がなくなる、集中力の向上?

 ・節電

 ・テレビCMを観ないので、「欲しい」と思うものが極端に減ったと思います(消費に貢献し、経済に貢献するということでは逆になっております)

 ・NHK受信料の返還(家内の携帯にはワンセグが付いておりますが、観ていませんのでご勘弁を)

 ・クリスマス、年末の意識が薄れ、気ぜわしさも薄れました

 3.我が家の地デジ化の可能性

 ・ロンドンオリンピック

 ・2013年 大河ドラマ「八重の桜」(私の出身大学である同志社大学の創立者 新島襄の妻、新島八重の生き様をその人生を通して描かれたものなので)(そもそも大河ドラマは好きですが、今年の「江~姫たちの戦国~」は私にとりましては面白くなかったので不便に感じませんでしたが、「坂の上の雲」は出来れば観たかったようにも思います。来年の大河ドラマ「平清盛」はクリア出来るでしょう)

 4.その他

 世の中の出来事、動き、流れは新聞、ネットから情報収集しており、見たい映像はネット動画(地デジ移行後、ネット配信は飛躍的に増えたように感じます)でかなり見られるようになったので、テレビを観られないことによる不便さは、かなり軽減されているように思います。

 自分の観たい時に、観たいものを観るという世の流れから致しますと、テレビという端末を通して流す情報、コンテンツやCMのあり方やスポンサーの広告政策も今後、大きく変わるものと思います。

 あることが当たり前のものを止めてしまうというある種、貴重な体験を、テレビという小さな所からしている最中です。

 なお東北の岩手、宮城、福島の三県では東日本大震災の影響により、地デジ完全移行は最長で2012年3月31日までに実施が予定されております。

 以上です。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:06:31 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月28日

北朝鮮の人達はかわいそうだ

 本日(28日)、北朝鮮では17日に死去されたとされる金正日総書記の国葬が営まれます。

 「太った独裁者と飢える人々」

 どう考えてもおかしな構図です。

 先日まで私(代表 片桐)は「北朝鮮の人達をかわいそう」と思うのは、あくまで私の価値観であって、情報を閉ざされている北朝鮮の人達にとって、それは違うのかも知れないと思っておりました。

 しかし、北朝鮮の人達自身も今は、「金総書記が死んでほっとした、よかったという雰囲気だ(平壌)」そうで、住民は厳しい生活に疲れ切っており、「何が起きても不思議ではない。金日成主席が死去したときとは全く違う。ただ政権に抵抗するというより、目の前の生活に追われている」状況だということです。

 今の所、後継者とされている金正恩氏も丸々と太っております。

 「太っているトップ」、「私腹を肥やしているトップ」には要注意で、その下の人が「飢えている」国、「薄給に喘いでいる」、「苦労を強いられている」会社も要注意です。

 長くは続きません。

 北朝鮮の人達を平和的に解放することは出来ないものでしょうか。

 そう思います。

 以上です。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:09:07 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月27日

経営者に言い訳は許されない

 私(代表 片桐)は前職であるコンサルティング会社でそれはそれは色々なことを教えて頂きましたが、その中に、「経営者はNo excuse(言い訳)」ということがあります。

 「excuse」を使った英文で日本人に最もなじみが深いものは、恐らく「Excuse me」でしょう。

 意訳で「失礼しました」で、直訳すると「私を許して下さい」です。

 さて、昨日(26日)、政府の東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会による中間報告書が提出されました。(委員会 公式サイト http://icanps.go.jp/、中間報告書 http://icanps.go.jp/post-1.html

 今日の日経朝刊には公開されたその報告書に対して、今のところ、厳しい見方が主流のようですが、「想定外という認識」と「なぜ想定外にしてしまったか」と「想定外後の対応」にもメスが入っているようです。

 片や「東京電力福島原子力発電所における事故」に最も関わる2つの機関。

 すなわち政府と東京電力株式会社。

 その経営者とは菅前首相と事故当時は東電 清水前代表取締役社長となります。

 東電では事故後の記者会見には清水前代表取締役社長が登場したり、武藤代表取締役副社長が登場したりしました。

 後に実質的に勝俣代表取締役会長が清水前社長の事故後対応を引き継ぎ、6月28日付けで清水社長(当時)は顧問に、武藤副社長(当時)も顧問に異動し、代わって西澤常務取締役が代表取締役社長になりました。

 清水社長は震災後2週間経過した辺りで一時、入院し、その2週間後の4月11日に復帰しました。

 このような流れを振り返っても、東京電力の経営者は誰なのか、あるいは命をはった、覚悟をもった真の経営者は誰なのかわかりません。

 一つの店を守る飲食店店主にとって入院はお店の命取りです。中小零細企業にとっては、不祥事、災害、事故、事件は倒産の危機で、多くの中小零細企業経営者において経営=人生のすべてで、それこそ人生を賭け、命をはって、根性を入れて会社を営んでいます。

 今年の企業の不祥事、事故に関しては、

 ・バードカフェを運営する株式会社外食文化研究所によるグルーポン すかすかおせち事件で1月3日、代表取締役 水口憲治氏が辞任

 ・林原グループ 負債額約1300億円超で1月経営破たん。不正経理問題が発覚し、2月2日会社更生法適用申請。代表取締役 林原健氏と実弟で専務の林原靖氏が取締役を引責辞任

 ・焼肉酒家えびすを運営する株式会社フーズ・フォーラス(代表取締役 勘坂康弘氏) 4月下旬、ユッケが原因による集団食中毒で死亡者5名、重症患者 32名、その他の病人 約150名を出し、全店で営業を中止。その後営業を再開することなく同6月に従業員を全員解雇し、7月に廃業となった

 ・JR北海道(北海道旅客鉄道株式会社) 5月27日 トンネル内での特急脱線・炎上事故により中島尚俊社長(当時)が自殺。9月18日遺体発見

 ・大王製紙 井川意高会長が同社子会社からの巨額の不正借り入れ事件で11月22日、会社法違反(特別背任)で逮捕

 ・井上工業(2008年10月16日破産) 架空増資事件で11月22日、中村剛元社長他4人が金融商品取引法違反(偽計取引)等の疑いで逮捕される

 ・オリンパス 損失隠し問題で10月24日、菊川剛社長(当時)、森久志前副社長で取締役(当時)、山田秀雄常勤監査役(当時)が辞任。現在、取調べ中

が代表的なものでしょうか。

 責任の取り方、けじめのつけ方には色々とありますが、少なくとも問題や事件を起こした経営者や会社は相応の責任を取っています。

 命をはって、人生をかけて、根性を入れて、逃げも隠れもせず、言い訳をせず、時にはけじめをきっちりつける。

 それが国家経営者、企業経営者というものではないでしょうか。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:07:30 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月26日

笑い

 来年(2012年)の年賀状は3月11日の東日本大震災に配慮した挨拶文のものがあります。

 その中に、「笑門来福」もあります。

 「ことわざ百科」(http://cotowaza.com/)では、

 『「笑う門には福来る」(わらうかどにはふくきたる)とは、いつも笑っている家には幸運がやってくるという意味を持つことわざである。

 ここでいう「門」とは一族や一家のことを指しており、家族全員がにこにこと楽しく笑顔で暮らしていることで福が舞い込んでくるということを言っている。

 確かにぶっちょうづらの人間より、笑顔でいる人間の方が人から愛されるだろう。

 笑いというのは人にとって良いものであり、心身ともに健康でいられる秘訣にもなっている。暗い世の中だからといって、家族みんなが暗い表情で生活していたのでは余計にストレスがたまり病気になってしまう可能性が高い。

 医学的にも認められてきているのが、やはり笑うことである。

 笑うことで癌の発症率が低くなるという研究結果も発表されているくらい、笑いというのはすごいパワーを持っているのである。

 和気あいあいと楽しそうに暮らしている家族の周りには自然に人が集まってくるもの。それと同時に福も集まるのだろう。』

とその意味が説明されております。

 「笑い」について、何も家族でなくても、笑っている人にも同じことが言えますし、笑顔の素敵な人、笑顔の綺麗な人にも通じることだと思います。

 さて、この「笑い」。

 これは動物の中でも人間だけの特徴です。

 笑っている人はもちろん楽しいでしょうし、笑っている人を見ると、見ている方も楽しくなります。

 折角、与えられたこの人間らしさである「笑い」。しかも、周りの人にも好影響を与えるこの「笑い」。

 大切にしたいものです。

 人間、生きている間、お互いせいぜいたくさん笑い、笑わせたいものです。

 以上です。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:23:05 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月25日

なるようになる、なるようにしかならない

 これは昨年(2010年)の12月25日(土) NIKKEIプラス1の何でもランキング 「気分一新 自分を元気づける言葉」の1位に選ばれたフレーズです。(選択式回答)

 1位 なるようになる、なるようにしかならない

 2位 まあいいか、気にしない

 3位 人は人、自分は自分

 4位 明日は明日の風が吹く(明日があるさ)

 5位 時間が解決してくれる

 6位 こういうときもあるさ

 7位 人生に無駄はない

 8位 明けない夜はない(夜明け前が一番暗い)

 9位 死ぬ訳じゃない。生きているだけで丸もうけ

 10位 なんくなるないさー(なんでもない)、大丈夫

 11位 苦あれば楽あり

 12位 これが底なら、これからは上昇するのみ

 12位 笑う門には福来る

 14位 人事を尽くして天命を待つ

 15位 山より大きなイノシシは出ない

 16位 あるがままを受け入れよ

 17位 つらいのは自分だけじゃない

 18位 過去と他人は変えられない。自分と未来は変えられる

 19位 努力は裏切らない

 20位 頑張っているね、偉いね

 私(代表 片桐)は、1年前、この記事から「とてつもない閉塞感やどうしようもない諦め」を読み取ったものですが、今年、もし「気分一新 自分を元気づける言葉」を聞かれれば、どのようなフレーズを選ばれるのでしょうか。

 3月11日の東日本大震災を境に皮肉なことに一変しているかも知れません。

 少なくとも復興は人々の努力なくしては、実現しえません。

 また今日が過ぎても、明日がどうなるのかもわかりません。

 3月11日の大震災は多くの命や有形・無形の宝物・財産と引き換えに、人々にとても大切なことを教てくれました。

 復興努力、改革・革新努力と共に、「生きることにおいてとても大切な考え方・心構え」を風化させない為の努力もとても大切だと思います。

 以上です。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:11:40 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月24日

気の休まらない年末・年始

 今日が24日(土)、残すところ1週間で大晦日。

 もう来年、2012年は目の前に迫っております。

 オバマ米大統領が23日(金)、クリスマス休暇に入り(それでも当初予定より約1週間遅れ)年明けにワシントンに戻るそうです。(10日程度の休暇)

 しかし、先日の北朝鮮の金正日総書記の死去、29日(木)のイタリア国債入札、ロシアで続くプーチン体制批判の大規模集会等、年を越えて尾を引く大きな課題が残っております。

 世界中で表向きは休暇に入っても、決して気を抜けない、休んだような、休めないような休日になる人が今回は多いのではないでしょうか。

 せめて笑って新年を迎えたいのですが・・・

 以上です。 

投稿者:株式会社コストダウン 日時:22:06 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月23日

警察庁 「組関係者」照会対応決定!

 昨日(22日)の日経夕刊 第15面に記事掲載されました。

 今年(2011年)10月1日に東京都暴力団排除条例が施行されました。

 同時に沖縄県でも施行されたことで全国で施行されたことになりました。

 そのことを受けて警察庁は22日、「相手が条例上の暴力団関係者に当たるかどうか」について照会を受けた場合、警察が照会応じることを決めました。

 照会内容は暴力団関係者かどうかのみで、○○系である等の余分な情報は出ません。

 照会したい場合、どこにどのような手続きで問い合わせるのかまでの詳細はまだリリースされておりませんが、警察では相談電話番号として「#9110」番(シャープ きゅういちいちまる)がありますので、当座はそちらの方で良いかと存じます。

 固定電話ダイヤル回線からは、かけられませんので、ご注意下さい。(固定電話プッシュ回線、公衆電話、携帯電話、PHSからはかけられます)

 固定電話ダイヤル回線の場合は、各県警本部 相談窓口に直接、ダイヤルして下さい。

 警察庁ホームページ 警察総合相談電話番号 都道府県別一覧表 → http://www.npa.go.jp/safetylife/soudan/madoguchi.htm

 あるいは各都道府県警察には暴力団排除条例専用ダイヤルが設置されている場合がありますので、調べてみて下さい。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:14:08 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月22日

東京電力 来年(2012年)4月 企業向け値上げ!

 本日(22日)、日経朝刊 トップとして他紙に先駆けて記事になりました。

 これを受けて東電では急遽、11時からの西澤社長の記者会見を開催。同時に「自由化部門のお客さまに対する電気料金値上げのお願いについて」としてプレスリリースしました。(「自由化部門のお客さま」とは契約電力50kw以上の契約者を指し、約24万件にのぼります)

 東京電力の電気料金値上げについては8日(木)に新聞各誌で一度、触れられましたが、「申し上げられる状況にありません」とリリースしております。

 それが今回、日経朝刊 トップに掲載されたことで、実際に検討していることでもあり、急遽、対応をしたようです。

 いつか発表しないといけないことについて、日経が背中を押した形になりました。

 50kw未満の契約者・利用者(規制部門のお客様)に関しては、政府の認可が必要で、その値上げ申請時期について「早ければ早いほどいいと考えている」と話し、早期の値上げ申請を行いたい意向を明らかにしました。

 値上げの詳細は年明けの2012年1月に発表するとのことですが、契約者、利用者の反発は必至です。

 値上げ幅は20%程度ともされており、企業、組織、団体、個人を含め夏場の必死の節電努力を吹き飛ばす値上げ規模です。

 枝野経産相、経団連が何らかのコメントを発表すると思います。

 また主要株主である東京都の代表である石原都知事も発言すべきです。

 参考資料:東京電力 プレスリリース

 「12月22日付日本経済新聞朝刊1面「東電、企業向け値上げ」について → http://www.tepco.co.jp/cc/kanren/11122201-j.html

 「自由化部門のお客さまに対する電気料金値上げのお願いについて」 → http://www.tepco.co.jp/cc/press/11122201-j.html

 その他、各メディアからの発表\n
 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:12:40 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月21日

2012年 PIIGS国債(Tビル含む) 月別償還スケジュール(参考金額)

 Tビルとは短期証券のことです。

 別のセカンダリーデータから整理してみました。(各セカンダリーデータで数値が違うのは採用データ日による差が主なものです)

 ただグラフからの読み取り値ですので、あくまで参考として下さい。

PIIGS国債(Tビル含む)償還 月別金額(億ユーロ)
イタリア スペイン ギリシャ ポルトガル アイルランド
1月 約150 約 90 約 40 約 40     0
2月 約530 約125 約 10 約 32     0
3月 約440 約 90 約160 約 18 約 55
4月 約440 約225 約 17 約  3     0
5月 約 70 約 75 約100     0  0
6月 約 80 約 70 約  5 約100 約  3
7月 約260 約240     0 約 10     0
8月 約180 約 75 約 78 約  2     0
9月 約190 約 70     0     0     0
10月 約270 約280     0 約  2     0
11月 約130     0     0     0     0
12月 約300 約 20 約 22 約 14     0
出典:2011年11月15日付け 岡三証券 経済調査部 「【欧州財政情報】~不安要素は残るも、危機克服に向けて着実に前進~」(http://www.okasan.co.jp/commodity/stocks/pdf/othernews_111115_1.pdf

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:09:41 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月20日

2012年 イタリア、スペイン国債 月別償還スケジュール(参考金額)

 セカンダリーデータから整理してみました。

 ただグラフからの読み取り値ですので、あくまで参考として下さい。

イタリア、スペイン国債償還 月別金額(億ユーロ)
イタリア スペイン
1月 約150 約 90
2月 約530 約150
3月 約440 約 90
4月 約440 約230
5月 約160 約 80
6月 約 80 約 60
7月 約260 約200
8月 約180 約 70
9月 約190 約 70
10月 約270 約280
11月 約180 約 30
12月 約380 約 50
出典:2011年12月16日付け 三菱総研 「EU首脳会議の合意内容とその評価」(http://www.mri.co.jp/NEWS/report/policy/__icsFiles/afieldfile/2011/12/16/mpr20111216-01.pdf

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:12:05 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

欧州危機-連日の不安材料。明るい話題なし

 昨日(19日)、欧州中央銀行(ECB) ドラギ総裁(11月1日就任)はユーロ圏経済や金融システムに厳しい見通しを示す一方、域内の財政不安国の国債購入拡大に改めて消極的な発言をしました。

 また同日(19日)、先(8、9日)のEU首脳会議で合意したIMFに対する2千億ユーロ(約20兆2千億円)の拠出金についてEU27ヵ国財務相電話会談が不調に終わり、1500億ユーロと大幅未達になりました。

 ユーロ圏外のEU加盟国10ヵ国中ではチェコ、デンマーク、ポーランド、スウェーデンの4ヵ国(イギリス、ハンガリー、ブルガリア、ラトビア、リトビア、ルーマニアの6ヵ国を除く)が協力を表明しました。

 この結果を受け、電話会議後の声明で、他のG20参加国(日本、アメリカ、カナダ、アルゼンチン、南アフリカ、オーストラリア、韓国、トルコ、ブラジル、インド、メキシコ、インドネシア、ロシア、中国、サウジアラビアの15ヵ国)や他の富裕国に対し、債務危機のユーロ導入国を支援するために、国際通貨基金(IMF)に資金の拠出を求める呼びかけをしております。

 ユーロ圏外国の「出来ることなら関わりたくない」、「少なくとも今は関わりたくない」、「かなり魅力的な条件を出してもらえないと国内説得できない」という気持ちが透けて見えるようです。

 遡ること15日(木)にはロシア メドベージェフ大統領がEUのファンロンパイ大統領らとの会談で最大で200億ドルのIMFを通じた支援拠出を表明しました。

 今後、似たようなEUやユーロ幹部、あるいはユーロ主要国トップが直接要請に動くのでしょうか。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:11:10 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月19日

金正日総書記 死亡発表に見る北朝鮮の苦悩と周辺国の心配

 いったい今年は何という年なのでしょうか。

 金正日総書記の死去を北朝鮮メディアが本日(19日)正午一斉に特別放送しました。

 その情報を受けて日本でも一斉に伝えられました。

 死亡日時は17日(土)午前8時半、死因は心筋梗塞だそうです。

 死亡日時が真実だとしますと、死亡してから48時間+3時間半後の発表ということになります。

 金正日総書記の父、金日成氏の死亡時には1994年7月8日(金)午前2時に死去、北朝鮮政府は翌日の7月9日(土)正午に公式発表を行い、死因は執務中の過労による心筋梗塞と報じたそうです。(34時間後の発表)

 死因説明は今回の金正日総書記と前回の金日成氏の内容と全く同じです。

 また先日は朝鮮中央テレビの看板女性アナウンサー リ・チュンヒさんが50日以上、同テレビに出演していないという情報もありました。
 
 死亡日時、死因についての真相はわかりません。

 後継体制も定まらない中での金正日総書記の死亡をすぐにオープンに出来ない大きな内憂があるということでしょう。

 ネットがこれだけ世界に行き渡り「アラブの春」を巻き起こした一方で、北朝鮮では民衆に発信力がありません。

 そこが極めて大きな違いです。

 金正日総書記死亡は、特に東アジアにとって突然の大きな訃報です。

 平和を維持する為に我々周辺国は北朝鮮の今後を注視し、努力しなければなりません。

 以上です。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:18:12 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月18日

欧州危機-もはや救い手はいないのか

 8、9日のEU首脳会議後、欧州危機に対して市場は失望をあらわにしています。

 そんな中、フィッチは16日(金)のニューヨーク時間のお昼頃(日本の17日未明、ベルリン、パリの16日夕方)、ユーロ圏6ヵ国の国債の引き下げ検討を発表し、ムーディーズは16日(金)のニューヨーク時間の夕方(日本の17日早朝、ベルリン、パリの16日深夜)、ベルギー国債の格下げを発表しました。

 米ニューヨーク連邦準備銀行のダドリー総裁は16日、「米連邦準備理事会(FRB)が欧州危機に対してさらに何らかの政策を実施するとは考えていない」とし、FRBが米系金融機関から信用危機に陥っている欧州諸国の国債を買い上げる可能性については、「法的には可能だが、FRBの歴史上で実施したことはない。完全に排除はしないが、非常に厳しい条件を満たす場合のみ」と述べました。

 ソーベル財務副次官補(国際金融・財政政策担当)も欧州危機支援における国際通貨基金(IMF)の役割の重要性を認めながらも、「IMFへの米国からの追加融資は考えていない」と述べました。

 お膝もとのドイツ メルケル首相も14日(水)、連邦議会(下院)で2012年7月に設立を前倒しする常設安全網の欧州安定メカニズム(ESM)の融資能力の規模について「上限は5000億ユーロ(約50兆円)のままだ」と述べ、一部で浮上する増額論に否定的な考えを示しました。

 さらに遡れば米国のカーニー大統領報道官は9日(金)、債務危機対策として欧州が求めている国際通貨基金(IMF)を活用した融資財源拡大について「IMFには十分な財源があり米国の納税者がこれ以上関与する必要はない」と述べ、米政府は資金拠出に応じない方針を示した。

 カナダのフレアティ財務相も「域外に救済を求める前に、域内で全力を尽くしたことを示すべきだ」と述べた。IMFは「経済力の乏しい国を支援するための機関であって、欧州は相対的に裕福だ」とも指摘したとするニュースもあります。

 もはや欧州危機を救うのはIMFを活用した国際協調しかない中で、アメリカが本当に支援に動かないとすれば、欧州は危機ではなく、失墜します。

 本当にそれで良いのでしょうか。

 リーマンショック後、各国にこれ以上のショックを助けられる余裕がないのでしょうか。

 アメリカの真意をはかりかねるとと共に、ユーロ・ショックを想定内として織り込まなければならないのでしょうか。

 どうも各国、内向きになっているように思います。

 以上です。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:23:37 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月17日

【2016年6月27日付け】S&P、ムーディーズ、フィッチ ユーロ参加国等国債格付け一覧表


ユーロ参加国とその他主要国の国債格付け (太字はユーロ参加国、カッコ内はユーロ不参加国、もしくは欧州域外の国)
S&P ムーディーズ フィッチ
ランク 国名 ランク 国名 ランク 国名
AAA ドイツ、フィンランド、ルクセンブルク、(カナダ) Aaa ドイツ、(アメリカ、カナダ) AAA ドイツ、フランス、オーストリア、(アメリカ、カナダ)
AA+ オランダ、オーストリア、(アメリカ) Aa1 フランス、ベルギー、(イギリス) AA+
AA フランス、ベルギー(イギリス) Aa2 AA ベルギー(イギリス)
AA- エストニア、(中国、韓国) Aa3 (中国、韓国) AA- (韓国)
A+ スロベニア、(日本) A1 (日本) A+ (中国)
A スロバキア A2 A (日本)
A- マルタ A3 A- イタリア
BBB+ イタリア、アイルランド Baa1 BBB+ アイルランド
BBB Baa2 イタリア BBB スペイン
BBB- スペイン Baa3 スペイン BBB-
BB+ (ハンガリー) Ba1 アイルランド、(ハンガリー) BB+ ポルトガル
BB ポルトガル Ba2 BB
BB- Ba3 ポルトガル BB-
B+ B1 B+
B B2 B
B- B3 B-
CCC+ ギリシャ Caa1 CCC+
CCC Caa2 CCC
CCC- Caa3 ギリシャ CCC-
CC Ca CC(+/-) ギリシャ
C C
SD キプロス RD キプロス

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:10:17 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【2016年6月27日付け】S&P、ムーディーズ、フィッチ ユーロ参加国等国債格付け一覧表

 【2016年7月3日追記】

 S&Pは6月27日、イギリス国債の格付けについて、「AAA」 → 「AA」に2段階引き下げました。同日フィッチも「AA+」 → 「AA」に1段階引き下げました。
------------------------------------------------------------------------
 【2015年9月17日追記】

 S&Pは9月16日、日本国債の格付けについて、「AA-」 → 「A+」に1段階引き下げました。
------------------------------------------------------------------------
 【2015年7月22日追記】

 S&Pは7月21日、ギリシャ国債の格付けについて、「CCC-」 → 「CCC+」に2段階引き上げました。
------------------------------------------------------------------------
 【2015年7月2日追記】

 ムーディーズは7月1日、ギリシャ国債の格付けについて、「Caa2」 → 「Caa3」に1段階引き下げました。
------------------------------------------------------------------------
 【2013年7月2日追記】

 フィッチは6月30日、ギリシャ国債の格付けについて、「CCC」 → 「CC」に2段階引き下げました。
------------------------------------------------------------------------
 【2015年7月2日追記】

 S&Pは6月29日、ギリシャ国債の格付けについて、「CCC」 → 「CCC-」に1段階引き下げました。
------------------------------------------------------------------------
 【2015年5月10日追記】

 S&Pは5月10日、ギリシャ国債の格付けについて、「CCC+」 → 「CCC」に1段階引き下げました。
------------------------------------------------------------------------
 【2015年4月29日追記】

 ムーディーズは4月29日、ギリシャ国債の格付けについて、「Caa1」 → 「Caa2」に1段階引き下げました。
------------------------------------------------------------------------
 【2015年4月17日追記】

 S&Pは4月15日、ギリシャ国債の格付けについて、「B-」 → 「CCC+」に1段階引き下げました。
------------------------------------------------------------------------
 【2013年11月30日追記】

 S&Pは11月29日、オランダ国債の格付けについて、「AAA」 → 「AA+」に1段階引き下げました。
------------------------------------------------------------------------
 【2013年11月14日追記】

 S&Pは11月9日、フランス国債の格付けについて、「AA+」 → 「AA」に1段階引き下げました。
------------------------------------------------------------------------
 【2013年6月29日追記】

 S&Pは6月28日、キプロス国債の格付けについて、「CCC」 → 「SD」に3段階引き下げました。
------------------------------------------------------------------------
 【2013年5月1日追記】

 ムーディーズは4月30日、スロベニア国債の格付けについて、「Baa2」 → 「Ba1」に2段階引き下げました。
------------------------------------------------------------------------
 【2013年4月20日追記】

 フィッチは4月19日、イギリス国債の格付けについて、「AAA」 → 「AA+」に1段階引き下げました。
------------------------------------------------------------------------
 【2013年2月23日追記】

 ムーディーズは2月22日、イギリス国債の格付けについて、「Aaa」 → 「Aa1」に1段階引き下げました。
------------------------------------------------------------------------
 【2012年12月19日追記】

 S&Pは12月18日、ギリシャ国債の格付けについて、「SD」 → 「B-」に引き上げました。
------------------------------------------------------------------------
 【2012年11月20日追記】

 ムーディーズは11月19日、フランス国債の格付けについて、「Aaa」 → 「Aa1」に1段階引き下げました。
------------------------------------------------------------------------
 【2012年10月11日追記】

 S&Pは10月10日、スペイン国債の格付けについて、「BBB+」 → 「BBB-」に2段階引き下げました。
------------------------------------------------------------------------
 【2012年7月13日追記】

 ムーディーズは7月13日、イタリア国債の格付けについて、「A3」 → 「Baa2」に2段階引き下げました。
------------------------------------------------------------------------
 【2012年6月14日追記】

 ムーディーズは6月13日、スペイン国債の格付けについて、「A3」 → 「Baa3」に3段階引き下げました。
------------------------------------------------------------------------
 【2012年5月3日追記】

 S&Pは5月2日、ギリシャ国債の格付けについて、「SD」 → 「CCC」に引き上げました。
------------------------------------------------------------------------
 【2012年4月27日追記】

 S&Pは4月26日、スペイン国債の格付けについて、「A」 → 「BBB+」に2段階引き下げしました。
------------------------------------------------------------------------
 【2012年3月3日追記】

 ムーディーズは3月2日、ギリシャ国債の格付けについて、「Ca」 → 最下位の「C」に格下げしました。
------------------------------------------------------------------------
 【2012年3月3日追記】

 S&Pは2月27日、ギリシャ国債の格付けについて、「CC」 → 最下位の「SD」に格下げしました。
------------------------------------------------------------------------
 【2012年2月14日追記】

 ムーディーズは13日、、ユーロ圏6ヵ国の国債の格付けについて、

 イタリア国債    「A2」 → 「A3」 1段階引き下げ

 スペイン国債   「A1」 → 「A3」 2段階引き下げ

 ポルトガル国債  「Ba2」 → 「Ba3」 1段階引き下げ

 スロバキア、スロベニア、マルタもそれぞれ1段階下げました。
------------------------------------------------------------------------
 【2012年1月14日追記】

 S&P(スタンダード&プアーズ)は13日、ユーロ圏9ヵ国の国債の格付けについて、

 フランス国債    「AAA(トリプルA)」 → 「AA(ダブルA)+」 1段階引き下げ

 オーストリア国債 「AAA(トリプルA)」 → 「AA(ダブルA)+」 1段階引き下げ

 スペイン国債    「AA(ダブルA)-」 → 「A(シングルA)」 2段階引き下げ

 イタリア国債    「A(シングルA)」 → 「トリプルBプラス」 2段階引き下げ

 ポルトガル国債  「BBB(トリプルB)-」 → 「BB(ダブルB)」 2段階引き下げ

 キプロス国債   「BBB(トリプルB)」 → 「BB(ダブルB)+」 2段階引き下げ

 スロベニア国債  「AA(ダブルA)-」 → 「A(シングルA)プラス」 1段階引き下げ

 スロバキア国債  「A(シングルA)+」 → 「A(シングルA)」 1段階引き下げ

 マルタ国債     「A(シングルA)」 → 「A(シングルA)-」 1段階引き下げました。
------------------------------------------------------------------------
 【12月22日追記】
 S&P(スタンダード&プアーズ)は21日、ハンガリー国債の格付けを「BBB-(トリプルBマイナス)」から「BB(ダブルB)+」に1段階引き下げました。
------------------------------------------------------------------------

ユーロ参加国とその他主要国の国債格付け
(太字はユーロ参加国、カッコ内はユーロ不参加国、もしくは欧州域外の国)
S&P
ムーディーズ
フィッチ
ランク
国名
ランク
国名
ランク
国名
AAA ドイツ、オランダ、
フィンランド、ルクセンブルク、

(カナダ)
Aaa ドイツ、
(アメリカ、カナダ)
AAA ドイツ、フランス、
(アメリカ)
AA+ オーストリア、
(アメリカ)
Aa1 フランス、(イギリス) AA+
AA フランス、ベルギー(イギリス) Aa2 AA (イギリス)
AA- エストニア、
(中国、韓国)
Aa3 ベルギー、
(中国、韓国)
AA- (韓国)
A+ スロベニア(日本) A1 (日本) A+ (中国)
A スロバキア、 A2 A (日本)
A- マルタ A3 A- イタリア
BBB+ イタリア、
アイルランド
Baa1 BBB+ アイルランド
BBB Baa2 イタリア BBB スペイン
BBB- スペイン Baa3 スペイン BBB-
BB+ (ハンガリー) Ba1 アイルランド、スロベニア、(ハンガリー) BB+ ポルトガル、(ハンガリー)
BB ポルトガル Ba2 BB
BB- Ba3 ポルトガル BB-
B+ B1 B+
B B2 B
B- B3 B-
CCC+ ギリシャ Caa1 CCC+
CCC Caa2 CCC
CCC- Caa3 ギリシャ CCC-
CC Ca CC ギリシャ
R C C
SD キプロス RD キプロス

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:06:27 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月16日

スマートフォン紛失時の緊急対応

 カスペルスキー社が昨日(15日)、「旅行中のスマートフォンの盗難を防ぐには」という内容をリリースしました。(http://www.kaspersky.co.jp/news?id=207582786

 その内容を参考に紛失時・盗難時の不正利用防止という観点から取るべき緊急対応を整理しました。
 
1.携帯電話会社にすぐに連絡する。その為に緊急連絡先を書き留めておく(紛失・盗難の場合の電話サポートは電話番号がその他の番号と異なります)

 ・ドコモ 0120-524-360(24時間受付)

 ・au 「au携帯から113」または「0077-7-113」または「0120-977-033」

 音声ガイダンス1:「1」(紛失の際の手続き)→「1」(紛失の際の手続き)→「1」(安心ロックの設定)、「2」(回線停止の手続き)

 音声ガイダンス2:「1」(紛失の際の手続き)→「0」(オペレーターとの通話)
 
 ・ソフトバンクモバイル 「ソフトバンク携帯から113」または「0800-919-0113」 

 音声ガイダンス1:「1」(回線の停止)→「1」(回線の停止)→紛失した端末の携帯番号の入力→暗証番号の入力→「1」(回線停止の実行)

2.緊急時の為に自分のスマートフォンに関する重要な情報を書き留めておく(パスポートを作成する)

 ここで言う重要な情報とは1の「携帯電話会社の緊急連絡先」の他に、「顧客番号」、「電話番号」、「IMEI(端末識別番号)(15桁)」、「SIMカード番号(19桁)」のことです。

 これらの情報は申込時のお客様控え書類の中で確認出来ます。(iPhone4ですと、「設定」アイコン →「一般」→「情報」で確認することが出来ます)

 IMEIは多くのスマートフォンで「*#06#」と電話をかける操作を行うと表示されます。(代表 片桐もiPhone4で試してみましたが表示されました)

 SIMカード番号はICCIDのことで、19桁の番号のことです。

3.盗難の場合は警察に被害届を提出する

 このときに先の「パスポート」を提出すると、犯人が逮捕された際に証拠となるあなたの端末の情報を警察に提供できます。

【転ばぬ先の杖】

1.暗証番号ロックを有効にしておく

 もしスマートフォンがなくなったとしても、この機能を有効にしておけば、少しの時間稼ぎが出来ます。Androidユーザーはスクリーンロックを、iPhone ユーザーはパスコードロックを設定し有効にしておきましょう。

2.データをバックアップしておく

 連絡先、スケジュール、写真などのデータをコンピューター上に保存する機能が備わっています。このために必要なソフトウェアは電話内に搭載されているか、またはメーカーのサイトから入手できます。端末の接続から実際にデータをバックアップするまでをサポートしてくれます。スマートフォンに接続するUSBケーブルがなくても、最近のノートPCやモバイル端末に内蔵のBluetooth機能を使用して、データのバックアップができるはずです。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:07:25 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月15日

2012~14年 イタリア、ギリシャ国債償還 四半期別残高(参考値)

 来年(2012年)2月1日にはイタリア長期国債 258億ユーロ、2月20日にはギリシャ長期国債 144億ユーロの償還があります。

 またその後にも大きな償還があります。

 その金額をセカンダリーデータから整理してみました。

 ただ出典データは直近のものでないことに加え、グラフからの読み取り値ですので、あくまで参考として下さい。

イタリア、ギリシャ国債償還 四半期別残高金額(億ユーロ)
四半期 イタリア ギリシャ
2012年 第1Q(1~3月) 約900 約250
第2Q(4~6月) 約520 約 90
第3Q(7~9月) 約500 約 80
第4Q(10~12月) 約490 約 20
2013年 第1Q 約210 約 60
第2Q 約340 約140
第3Q 約250 約 60
第4Q 約380 約 20
2014年 第1Q     0 約 40
第2Q 約340 約120
第3Q 約550 約150
第4Q     0 約 30
出典:2011年12月1日付け みずほ証券リサーチ&コンサルティング 「欧州経済ウォッチ(№11-16) EFSF、1 月から本格稼働で合意-2 月重要イベント」(http://www.mizuho-msrc.com/dynmc/gcnt.php/DL0000006741/01/03/111201_EM.pdf

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:17:45 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月14日

2011年 年内の欧州国債入札スケジュール

 外国資料から整理してみました。

欧州国債入札カレンダー
日付 現地時間 入札額
12月14日(水) 10:00 ドイツ 50億ユーロ
12月14日(水) 10:10 イタリア 30億ユーロ
12月14日(水) 10:10 スウェーデン 20億スウェーデン・クローネ
12月14日(水) 10:30 英国 不明
12月15日(木)  9:30 スペイン 60億3000万ユーロ
12月15日(木) 10:30 英国 不明
12月19日(月) 11:00 ノルウェー 短期証券(不明)
12月19日(月)~23日(金) 英国 不明
12月20日(火) 不明 スペイン 56億ユーロ(短期国債)
12月21日(水) 10:10 スウェーデン 短期証券(不明)
12月21日(水) 10:30 ポルトガル 7.5~12.5億ユーロ
12月28日(水)~29日(木) イタリア 不明(詳細は21~23日に発表)
出典:「KBC Government Bond Auction Calendar」(https://multimediafiles.kbcgroup.eu/ng/published/KBC/PDF/MARKTENZAAL/marktenzaal_pdf_weekly_KBC_Weekly_Government_Bond_Auction_Calendar_0900dfde8028b26b.pdf

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:09:10 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メールのルール 7箇条

 9日(金)の日経新聞 電子版の「教えて ビジネス作法」に載っておりました。

 コンパクトに大切な要点をまとめてありましたので、引用させて頂きます。

 『脱「ダメール」のための7つのルール』

 1.24時間以内に返信する

 本文:返信できる材料がすぐにそろわない場合も「お返事は改めて○日までに送ります」と一報すること。

 片桐(代表)コメント:まず、メールを見たか見ていないのかを相手に知らせることは最低限のエチケット。そのことを知らせる意味も含めて、出来るだけ早く返信。私が一番、嫌うのは飛び込みで営業メールを送ってきておきながら、それに返信しても、何のレスポンスもないメール。営業はフォローが大事。そのような担当、会社は信用しない。メールが多様される現在。メールは挨拶と同じと考え、挨拶を返すべきものだと思います。

 2.送信前に相手の名前、添付ファイルを再確認

 本文:メールのトラブルで最も多いのが、添付ファイルの付け忘れや相手の名前の間違い、敬称の付け忘れなどのささいなミス。「いずれも送信前に確認すれば防げます。特に多い添付ファイルの付け忘れと不快に思われる度合いの高い名前の誤字、敬称の付け忘れは、確認するのを習慣にしましょう」

 コメント:私もたまに犯してしまうミスなので改めて注意。逆に「少し気を遣っては」と思うのは私の送信者名をそのまま残して「返信」をして、敬称を略してしまわれるメール。私の場合は敢えて相手の送信者名をメールアドレスに戻して、本文に敬称を盛り込んで返信します。ただ、タイトルに「○○より」と送信者名を入れて送って来て頂いたメールにうっかりそのまま敬称をつけずに、あるいはタイトルを変えずに返信してしまうことがありますので、要注意です。

 3.開封確認、重要度設定はしない

 本文:「重要度や緊急度は受信者が決めるもの。どうしても緊急ならば、メールに印を付けるのではなく、送信後に電話で『すぐにご覧ください』と伝える方がいいですね」。開封確認を「信頼されていない」と感じる人も多い。メールに開封確認指定は付けず、「ご覧いただけましたか?」と電話して確認を。

 コメント:私の場合はほとんどこのようなメールを受け取ることがありませんが、ときどき飛び込みメールで外国人の方のものにあります。その場合には、「開封確認要求」について「いいえ」にしています。

 4.BCCは使わない

 本文:「BCCを間違ってCCで送ってしまうミスは頻繁に目にします。事態の大きさによっては新聞にお詫び文を載せるような大変な事故につながります。BCCは使わないと決めた方が安心です」。メールを同時配信する必要がある業務の場合は、セキュリティーの整った配信システムを利用するといい。やむを得ずにBCCを使う場合も宛先などに細心の注意を。

 コメント:私自身はBCCを使ったことがありません。何か陰口のような印象を持ちます。また逆にBCCで私宛に送られて来るメールはその理由がはっきりしない限り、その方を信用出来ないような気がしますし、余り気持ちの良い行為には受け取れません。

 5.緊急な用件、謝罪はメールでしない

 本文:「メールではなく電話にすべきなのが、緊急な用件と謝罪です」。相手はメールを3日見ないと想定し、それよりも早く伝えたいならば“緊急”だと考えて電話しよう。「メールでの謝罪は、メールという手段自体に手軽なイメージがあるため、相手は軽んじられたと思うようです。謝罪も直接会うか、電話でしましょう」

 コメント:大事なことです。メールでも間の悪いと申しますか、「なぜもっと早く教えてくれないのか」、「伝えてくれないなのか」と思うものもあります。

 6.あいまいな表現は使わない

 本文:「言葉の意図が伝わったかを確認できないメールの場合、あいまいな表現はトラブルのもとになります。金曜の定時終わりを想定して『今週中』と書いても、日曜日いっぱいととらえる人もいます。メールでは日時を明確に書きましょう」。どちらとも取れるあいまいな表現は下の例のように直して使おう。

 ・「~していただけるとうれしいです」
  →「~してください」
 ・「できるだけ早くご返信ください」
  →「○日○時までにご返信ください」
 ・「今週中にご確認ください」
  →「金曜日の18時までにご確認ください」
 ・「結構です」→「不要です」
 ・「いいです」→「良いです」

 7.重いデータを添付しない

 本文:送受信のスピードは環境によって違う。大容量のデータは会社のLANから楽に送れても、相手の通信回線によっては受信に数分かかってしまうこともある。ファイルサイズの大きな「重い」メールは、サーバー側で迷惑メールと判断して振り分けられてしまうこともある。一度に送る添付ファイルの目安は、文書ファイルや2~3枚程度のPDFや画像など。それよりも多くなる場合はファイル転送サービスなどを利用しよう。

 コメント:かつては1MBが上限目安だったと思いますが、今はどうなのでしょうか。私も重いデータの場合は、転送サービスを活用しております。

 (『脱「ダメール」のための7つのルール』は日経ウーマン 岸本 洋美さんの有限会社アイ・コミュニケーション代表取締役 平野 友朗氏へのインタビューによる再構成記事です)

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:06:36 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月13日

イタリア、スペイン、ギリシャの2020年までの国債償還スケジュール(参考値)

 セカンダリーデータがネットで見つかりましたので、整理してみました。

 ただ出典は2010年4月29日のデータで直近のものではありませんので、あくまで参考として下さい。

国債償還スケジュール(参考値)(億ユーロ)
イタリア スペイン ギリシャ
2010年 2,515   765   158
2011年 1,922   840   313
2012年 1,682   612   317
2013年 1,004   515   249
2014年   891   468   316
2015年   854   247   211
2016年   511   161   151
2017年   644   290   221
2018年   462   165    98
2019年   865   287   247
2020年   527    83    53
出典:2010年4月29日 Bloombergからで記事はBUSINESS INSIDERの2010年5月28日付けのものです。(http://www.businessinsider.com/european-debt-maturity-profile-2010-5

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:17:00 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「隠せない時代」の心構え-隠さない!

 ロシア下院選の不正投票・不正開票疑惑問題が拡散しています。

 本日(13日)の日経朝刊 「春秋」には、4日の投票当日からYouTube(ユーチューブ)でさまざまな告発映像が流れたとありました。

 その告発映像は「同一人物があちこちの投票所を回る」、「投票箱にはあらかじめ記入された票の束が潜ませてある」というようなものだそうです。

 YouTubeの情報はfacebook(フェイスブック)などでさらに広まったということです。

 一昨日のトピックスでは、「2011年 今年の世界のデモ・騒乱」(http://www.costdown.co.jp/blog/2011/12/post_2187.html)として取り上げ、整理しましたが、年初のチュニジアのジャスミン革命はじめその後に続いたデモや騒乱の蜂起は、YouTube、facebook、Twitterが大いに活用されました。

 「人の口に戸は立てられぬ」と申しますが、今や携帯電話にカメラが付き、いつでも、どこでも目の前の景色を画像や動画におさめることが出来、そしてすぐにネットを介して伝達し、受け取ることが出来る現代。人々、民衆発信の情報を押さえ込み、コントロールすることは不可能で、無意味です。

 九州電力 やらせメール問題、大王製紙 前会長特別背任事件、オリンパス 損失隠し問題、井上工業 架空増資事件。

 「隠した」ことが後に発覚し、これまで積み上げてきたお金で買うことの出来ない最大の資産である「信用」を失墜させました。

 これまで隠してきたことがたくさんある国、会社、隠してきたことが大きい国、会社は、国を揺るがし、会社を破綻させてしまう時代です。

 「隠し事」はまず隠さないとまずいことがあること、そしてそれを隠してしまうことが良くないことですが、国も会社も組織ですから、個人以上に予想もしない出来事が起こるものです。

 また人間誰しも失敗があるように、国や会社に失敗もあります。

 それをお互い認めた上で、「隠さない」姿勢を評価し、「隠す」ことを呵責したいものです。

 今、国をはじめ、すべての組織、団体、個人に「良心」が求められています。

 以上です。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:06:17 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月12日

祝! H2Aロケット打ち上げ成功(その2)

 本日(12日)10:21に発射されました宇宙ロケット「H2A」20号機が予定の軌道に入り、無事打ち上げに成功しました。

 これでH2Aの打ち上げ成功率は19回/20回で95.0%になりました。

 過去の1回の失敗は6号機で2003年11月29日に打ち上げられたものです。

 ロケット打ち上げの信頼性は成功率95%だそうで、もし今回の打ち上げが失敗していましたら成功率は90.0%まで落ちておりました。

 今回の成功は信頼性の目安となる95.0%を達成したといことに非常に大きな意味があります。

 H2Aロケットの信頼性にお墨付きがつき、宇宙ロケット・ビジネス開拓の大きな推進力になることでしょう。

 今回の成功までに2001年8月29日の1号機から10年かかりました。

 6号機の打ち上げ失敗から約8年の悲願の達成になります。

 ちなみに2007年までの国別の打ち上げ成功率は下表のようになっております。(Wikipedia 「ロケット」より)

2007年までの世界各国のロケット打ち上げ実績
成功率順位 国名 打ち上げ回数 失敗数 成功率
ロシア 1507   65 95.7%
ESA(欧州)  174   11 93.7%
アメリカ合衆国  535   37 93.1%
中華人民共和国   93    8 91.4%
日本   57    5 91.2%
インド   22    7 68.2%
イスラエル    6    2 66.7%
・1980年1月1日から2007年4月30日までの打ち上げ実績による
・ロシアには旧ソ連及びウクライナを含む
・ESA(欧州宇宙機関)にはEU27ヶ国中17ヶ国が参加しているがEUの専門機関では無い
・多国籍企業による打ち上げは除く
・弾道ロケットの打ち上げは含まない
・打ち上げられた人工衛星の状態は問わない

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:11:37 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月11日

2011年 今年の世界のデモ・騒乱

 ロシアでは先の下院選での不正疑惑に対する抗議活動が拡大しております。

 振り返ってみれば今年1年は民衆蜂起が多く、デモに始まり、デモに終わると言っても過言ではないように思います。

主なデモ・騒乱の一覧表
時期 きっかけ 民衆の不満 影響
チュニジア 2010年12月17日~1月14日 2010年12月17日無許可で露天商を営んでいた26歳の青年が警官の商品没収、暴行、賄賂要求を受け焼身自殺をした情報がネットで広まった 若年層の高い失業率 大統領の国外逃亡により23年間続いた政権が転覆(ジャスミン革命)し、他のアラブ諸国にも前例にない大規模反政府デモや抗議活動が広がり、一連の蜂起と政権の転覆は「アラブの春」と呼ばれるに至る
エジプト 1月25日~2月11日 チュニジアのジャスミン革命の影響を受けた 若者を中心とする高い失業率、穀物高騰による食糧品値上げによる貧困層の経済状況が悪化 ムバラク大統領の辞任により30年間続いた政権が転覆した
リビア 2月15日~8月24日 国内人権活動家の弁護士の釈放要求デモ カダフィ氏の強権的な統治、反政府活動に対する厳しい監視や弾圧等のカダフィ氏に対する不満の鬱積 8月24日に首都が陥落、42年間に及ぶカダフィ政権は崩壊した。またカダフィ氏は10月20日に死亡
イエメン 2月3日~11月23日 サーレハ大統領の退陣を求める反政府抗議活動 サーレハ長期政権下での政治的な不自由に加えて、イエメンの経済の停滞と高失業率状態 サーレハ大統領が副大統領らへの30日以内の権限移譲に署名したことで、30年以上続いた政権が転覆した
イギリス 8月6日~11日 8月4日 黒人男性(29歳)が警察官に射殺されたこと 若年層の高い失業率、低所得者層の不満 8月11日 キャメロン首相が強硬な暴動鎮圧のために放水銃とプラスティック弾の使用を許可(これらの鎮圧手段の行使決定はイギリス本土において史上初となる)したことにより沈静化した
アメリカ 9月17日~ 2011年7月、カナダの雑誌アドバスターズの創始者カレ・ラースンが金融機関や政界に対して抗議の意志を表明するために、金融界の象徴といえるウォール街での行進やニューヨーク証券取引所前での座り込みなどを行い、ウォール街を数ヶ月占拠するというデモ活動(「ウォール街を占拠せよ」)の呼びかけ(ちなみに9月17日はリーマン・ブラザーズが破綻して3年目の土曜日である) 1970年代から、アメリカ合衆国において上位1パーセントの富裕層が所有する資産が増加し続けている状況(スローガンは"We are the 99%") 現在も進行中
ロシア 12月10日~ 12月4日に行われた下院選挙での政権与党・統一ロシアによる票の水増し等の不正行為 プーチン首相による強権的体制への不満、政治にはびこる汚職や不正 現在も進行中

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:19:34 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月10日

EU首脳会議 閉幕-高くつく欧州危機の火消し

 EU首脳会議が昨日(9日)閉幕しました。
 
 その結果は各方面からリリースされておりますが、欧州危機の短期的な借金(国債発行・償還)問題が解決される即効的で大きな資金繰り策は決定されず、欧州危機を解決するのに必要になる資金は今よりも相当大きな金額になりそうです。

 今後、かなり短い期間で懸念される問題は、

 1.国債利回りの上昇

 2.国債の大幅札割れ(入札に対する応札未達)

 3.未達分の引き受け銀行(中央銀行等)の負担増

 4.大手格付け機関による国債格下げ不安

 5.大手格付け機関による主要金融機関の格下げ不安

 6.2012年1月20日提出期限の中核的自己資本比率9%(6月末までに達成義務)に向けての銀行の資本強化計画の大幅見直し
 ※国別・銀行別の資本不足状況は弊社トピックス(http://www.costdown.co.jp/blog/2011/12/post_2145.html)をご覧下さい。

 7.公的資金注入議論

 8.デモ等による情勢不安

 9.首相辞任・交代

 10.政権交代

 本日(10日)の日経朝刊 第3面記事には、PIIGS(ポルトガル、イタリア、アイルランド、ギリシャ、スペイン)の12年中の債務償還額は5328億ユーロとする大和総研のまとめがありました。

 それに対してEFSF(欧州金融安定基金)の資金枠は4400億ユーロ(既に支援に使われた分を差し引くと残りは約2500億ユーロとも見られています)と非常に心もとなく、前倒し設立が決定されたESM(欧州安定メカニズム)の5000億ユーロを足しても9400億ユーロ(もしかすると7500億ユーロ)であり、資金面で決して余裕があるとは言えず、かつESMの設立は来年(2012年)7月です。

 喫緊の打ち手としては「現在、検討中のIMFの出資枠の決定」、「IMFへの各国の出資増」しか残っておりません。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:07:25 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今度はムーディーズが・・・仏大手3行格下げ

 大手格付け機関の格下げ検討で5日以来、絶えず名前が出てきたのは米S&P(スタンド・アンド・プアーズ)ですが、今度は米ムーディーズが動きました。

 下表に格下げ後の格付けを一覧にさせて頂きました(掲載していない銀行は格付けが不明)が、S&Pの格付けと比較すると、これまでのムーディーズの3行に対する格付けが高く、今回の格下げでS&Pの評価と並んだということです。

ユーロ圏の主要金融機関の格付け一覧表
(表作成に際しては日経記事を参考にさせて頂きました)
S&P(スタンダード&プアーズ) ムーディーズ
ランク 銀行名 ランク 銀行名
AAA Aaa
AA+ Aa1
AA Aa2
AA- 仏BNPパリバ Aa3 仏BNPパリバ、仏クレディ・アグリコル
A+ 独ドイツ銀行、仏ソシエテ・ジェネラル、仏クレディ・アグリコル A1 仏ソシエテ・ジェネラル
A 伊ウニクレディト、伊インテーザ・サンパウロ A2
A- A3
BBB+ Baa1
BBB Baa2
BBB- Baa3
BB+ Ba1
BB Ba2
Ba3 BB-
B1 B+
B2 B
B3 B-
Caa1 CCC+
Caa2 CCC
Caa3 CCC-
Ca CC

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:05:11 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月 9日

EU 国別・銀行別資本不足状況(概略)(2011年12月8日時点)

 欧州連合(EU)が10月27日に欧州債務危機克服に向けた「包括戦略」で合意したことで、銀行資産を狭義の普通株と内部留保で作る中核的自己資本比率を9%で再評価し、来年1月20日までに資本強化計画を提出、6月末までに資本を増強することが義務付けられました。

 欧州銀行監督機構(EBA)は8日、欧州の銀行が中核的自己資本比率を9%を達成する為に、総額1147億ユーロの資本増強を行う必要があるとの算定結果を公表しました。

 それを受けての再評価結果や資本不足の概略をロイター記事や日経新聞記事、EBAニュースリリース等からピックアップしました。

欧州大手銀行におけるストレステスト(資産査定)結果(推移)

2010年7月 2011年7月 2011年10月27日 2011年12月8日
対象 91行 90行 90行程度 71行
判定自己資本比率基準 5% 5% 9% 9%
過小資本 銀行数 7行 8行 最大で数十行にも 31行      
総額(億ユーロ) 35 25 1064 1147

国別・銀行別資本不足額(単位:億ユーロ)

国名 不足額
10月末時点 12月8日時点
総額 内訳 総額 内訳
ギリシャ   300 300
スペイン   262 サンタンデール(150)など 262 サンタンデール(153)、バンコ・ビルバオ・ビスカヤ・アルヘンタリア(63)、バンコ・ポピュラー(25)など
イタリア   148 ウニクレディト(74)など 154 ウニクレディト(79)、モンテデイバスキ(32)、バンコ・ポポラーレ(27)など
ドイツ   52 コメルツ(29)など 131 コメルツ(53)、ドイツ銀行(32)、北ドイツ州立銀行(24)など
フランス   88 BPCE(34)、ソシエテ・ジェネラル(33)、BNPパリバ(21)など 73 BPCE(37)、ソシエテ・ジェネラル(21)など
ポルトガル 78 70 バンコ・コメルシアル(21)など
ベルギー データなし 63 デクシア(63)
オーストリア データなし 39 RZB(21)
キプロス データなし 35 マーフィン・ポピュラー(20)
その他 136 詳細不明 20 詳細不明
合計 1064 1147
※国別データは欧州銀行監督機構(EBA)の暫定試算で、個別行の内訳は銀行などが公表したものです。
 英国、スウェーデン、デンマーク(これらはユーロ未導入国)、フィンランド(ユーロ導入国)などはゼロ。

 先日、S&Pによるユーロ参加国の国債や大手銀行の格下げ検討が報じられました。

 民間銀行が自己資本比率を上げる為に、資産売却、減配、貸し渋りを大幅に拡大、加速させる懸念があります。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:06:50 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月 8日

IMF 欧州危機支援に6000億ドル規模の追加融資枠設定検討

 本日(8日)の日経朝刊 第1面に記事掲載されました。

 G20は欧州危機回避の為にIMF(国際通貨基金)に6000億ドル前後の新たな融資枠を設定する検討に入りました。

 IMFの融資余力は現在4000億ドル強で合算すると約1兆ドルになります。

 またEFSF(欧州金融安定基金)の資金力は6000億ドル近くでこちらも合算すると1兆ドルを越す安全網となります。

 ドル・ユーロ相場は、1対約0.75ですので、1兆ドルは7500億ユーロです。

 EFSFは11月29日に来年(2012年)1月の本格稼動を目指して現在の融資能力約4400億ユーロから1兆ユーロへの規模拡大を発表しました。

 しかし、一昨日(6日)、S&Pが現在、トリプルA(AAA)と最上級のEFSFの長期債の格下げを検討するというニュースが流れ、その資金力低下不安に見舞われております。

 またEFSFは当初、IMFとの共同投資基金への参加を求めるつもりでしたが、「融資の対象は国だけ」とIMF側が難色を示したため、独自拡大に方針を転換した経緯もあります。

 今回のIMFの融資枠拡大には基本的に日米中からの借り入れを原資とする考えです。

 本日から明日(9日)にかけてEU首脳会議が開催されます。

 その直前にリリースし、会議の結論に対する市場の不安をやわらげ、欧州危機のさらなる深刻化と拡大に大きな手を打ったと感じます。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:05:24 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月 7日

世界を震撼させた「S&P ユーロ圏15ヵ国 格下げ検討」

 「S&P(スタンド・アンド・プアーズ)が独仏を含むユーロ圏15ヵ国(参加国は全部で23ヵ国)の国債格付けを格下げ方向で見直すと発表」

 この情報が昨日(6日)、欧州危機を固唾をのんで見守っていた世界を一気に駆け巡り、震え上がらせました。

 もし実際に格下げされれば、欧州危機が致命傷を負うことや世界にどれだけ影響を及ぼすかという現実を見せ付けられました。

 正しくS&Pの発表は8~9日のEU首脳会議に突きつけられたナイフです。

 私(代表 片桐)には「5日(月)の独仏首脳会議の内容に満足していない。もしこの会議の範囲でしかEU首脳会議で欧州危機対策の結論が得られないのであれば、格下げ実行せざるを得ない」と発信しているように見えます。

 もし実際に格下げされればユーロ圏のトリプルA国の信用力を支えに資金を調達しているEFSF(欧州金融安定基金)の資金力が低下し、ユーロ参加国の資金繰りが悪化し、デフォルト危機が増し、欧州危機の致命傷となる可能性があります。

S&P ユーロ圏17ヵ国とその他主要国の国債格付け
(太字はユーロ参加国、カッコ内はユーロ不参加国、もしくは欧州域外の国で※はS&Pの格下げ見直し対象外国)
S&P(スタンダード&プアーズ) ムーディーズ
ランク 国名 ランク 国名
AAA ドイツ、フランス、オランダ、オーストリア、フィンランド、ルクセンブルク、(イギリス、カナダ) Aaa ドイツ、フランス、(イギリス、アメリカ、カナダ)
AA+ (アメリカ) Aa1 ベルギー
AA ベルギー Aa2
AA- スペイン、スロベニア、エストニア、(日本、中国) Aa3 (日本、中国)
A+ スロバキア A1 スペイン、(韓国)
A イタリア、マルタ、(韓国) A2 イタリア
A- A3
BBB+ アイルランド Baa1
BBB キプロス(※) Baa2
BBB- ポルトガル、(ハンガリー) Baa3
BB+ Ba1 アイルランド、(ハンガリー)
BB Ba2 ポルトガル
BB- Ba3
B+ B1
B B2
B- B3
CCC+ Caa1
CCC Caa2
CCC- Caa3
CC ギリシャ(※) Ca ギリシャ

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:07:13 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月 6日

市場の辛抱も限界-独仏首脳会談に失望

 本日(6日)の日経朝刊の記事を参考にしております。

 昨日(5日)、独メルケル首相と仏サルコジ大統領がパリで会談しました。

 ひと言で申せば(代表 片桐)、サルコジ大統領はメルケル首相の言いなりで、2日(金)のメルケル首相がドイツ連邦議会(下院)演説で明らかにした考えにサルコジ大統領が賛同する内容となりました。(メルケル首相の考えは、12月4日付けトピックス 「欧州危機 来週ヤマ場 緊張する市場」 http://www.costdown.co.jp/blog/2011/12/post_2179.html の中で取り上げております)

 今回の独仏首脳会談は8~9日に開催されるEU首脳会議前の提案内容の協議です。

 即効性のある大きな手を期待する市場に対して、会談結果は今のEUの危機レベルからすると、はるかに遠い先の提案内容に終わりました。

 私はEU首脳会議への影響力の強い独仏の提案が会議の結論に色濃く反映されることになりますと、火薬に火がつくことになると思いますし、イタリア、スペインに火がつくと予想します。

 またはEU首脳会議が大荒れする可能性もあります。

 そうした不確定要素を最早、待てない市場は、ここでアメリカがどう動くか、日米欧が連携してどう動くかに期待するしかなくなりました。

 非常に不安な1週間の始まりです。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:06:46 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世界に広がる与党不信ドミノ・下野ドミノ

 昨日(5日)~本日(6日)にかけて各メディアからリリースされております。

 本トピックスは日経新聞 昨日夕刊と本日朝刊を参考にしております。

 1.4日(日) ロシア下院選挙

 与党の統一ロシア(党首:プーチン現首相) 開票率96%現在で、統一ロシアの得票率は49.5%で定数450議席の内238議席(現在、315議席)と激減し、単独で憲法を改正できる3分の2の「絶対安定多数」を失いました。

 一党支配による汚職や不正、官僚政治の広がり、投資環境の改善の遅れ、天然資源に依存する構造を変えられないロシア経済の政治展望への失望感から反対票が野党各党に流れました。

 統一ロシアは選挙活動で行政機関や国営テレビを総動員し、強引な集票活動を展開をしましたが、むしろ逆効果になった可能性すらあります。

 また、選挙監視団を派遣した欧州安保協力機構(OSCE)によりますと、今回の選挙で開票操作や一部野党の政党登録を認めず選挙戦から排除する等の深刻な不正があったと発表しております。

 それでも来年(2012年)3月の大統領選でプーチン首相が再度、ロシア大統領に就任することは確実視されますが、最低6年、再選されれば12年、国民の政治に対するストレスが高い時代-暗い時代が到来する予感がします。

 2.4日(日) クロアチア(EU未加盟、ユーロ未導入)議会選(一院制)

 与党のクロアチア民主同盟(党首:コソル首相)が経済混乱や汚職の広がりが原因で開票率99%現在で、65議席から47議席と激減しました。(改選後定数は151議席)

 これでコソル首相は2013年7月のEU加盟を実現しましたが下野し、次の首相は野党連合を率いるミラノビッチ社会民主党党首になる公算が大きくなりました。

 3.4日(日) スロベニア(EU加盟、ユーロ導入国)下院選

 与党のスロベニア社会民主党が10議席と改選前の3分の1と大激減しました。(定数は90議席で立法権限は上院よりも強い)

 今回の下院選はパホル首相は財政赤字削減や年金改革を提案し失敗し、不信任可決を受けて1年前倒しで実施されましたので、スロベニアも早晩、首相交代することでしょう。

 ちなみに選挙結果はポジティブ・スロベニアという新党(党首:ヤンコビッチ 首都リュブリュナ前市長)が大躍進し28議席を獲得し、第一党になりました。

 世界的に民意と政治の乖離が広がり、与党の足元を脅かし、政権交代、元首交代が続きそうです。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:06:10 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月 5日

リコー 営業社員の「直行直帰」 来年(2012年)1月~ 本格稼動!

 本日(5日)の日経朝刊 第9面に『リコーの国内販売会社のリコージャパン(東京・中央)は、営業部門の社員が取引先に直行し、会社に戻らず帰宅する「直行直帰」を来年1月から本格導入する。』という内容が記事掲載されました。

 リコージャパンでは今夏の節電対策として、営業職600人に通信端末を用意し、最低週1回は取引先に直行し、取引先から会社に寄らずに直接、帰宅するという、いわゆる直行直帰を試験導入しました。

 その結果、顧客との接触時間3割増、営業目標達成、残業25%削減、オフィスの消費電力量4割削減を実現しました。

 9月9日の東京電力の電力使用制限令の終了後も継続しております。

 先月(10月)から大手顧客を担当する本社(東京)の営業部門100人で直行直帰を始めておりますが、来年1月からは600人の全営業社員に拡大します。

 またフリーアドレス制にするため、来年4月には本社の業務フロアを1つ減らして2フロアにもします。

 直行直帰してもスマートフォンや携帯電話から営業日報を入力したり参照したりできるようにシステムを自社で開発し、業務データを蓄積しないパソコンの「シンクライアント」を配布し紛失時の情報漏洩リスクも回避します。

 またサテライトオフィスを横浜市やさいたま市、東京・新宿など6カ所に用意し、取引先を移動する合間に書類を作成したり印刷したりできるようにもしました。(うち3カ所は日本テレワーク協会が社会実験として提供している施設を活用)

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:10:36 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

損保大手3社 大規模自然災害等による保険金支払い、業績、株価状況一覧表

 今年(2011年)に入って東日本大震災、タイ洪水と個人、法人にとって甚大な被害をもたらす災害が発生しました。

 個人や法人はそうしたリスクをヘッジする為に損害保険に加入しております。

 それらに対する支払い保険金と業績と株価に与えた(与える影響)を整理してみました。

損保大手3社が2011年 大規模災害等に対して支払った(支払う)損害保険金と業績、株価に関する一覧表

※表中の「発生保険金」とは再保険から回収後の正味金額のことです。
会社名 東京海上ホールディングス MS&ADインシュアランスグループホールディングス NKSJホールディングス
傘下企業 東京海上日動火災、日新火災海上、東京海上日動あんしん生命等 あいおいニッセイ同和損保、三井住友海上火災、三井住友海上あいおい生命等 損保ジャパン、日本興亜損保、NKSJひまわり生命、損保ジャパン・ディー・アイ・ワイ生命等
東日本大震災による発生保険金(※)   869億円   647億円 約570億円
東日本大震災による経常利益マイナスインパクト 540億円 500億円 544億円
東日本大震災後当日3月11日(金)株価(終値) 2512円 2015円 2416円
東日本大震災後初日3月14日(月)株価(終値) 2200円 1832円 2136円
平成23年度3月期決算下方修正発表翌日の株価(終値) 2233円 1924円 2076円
平成23年度3月期決算発表翌日の株価(終値) 2266円 1882円 2040円
平成23年3月期における経常利益 1266億円  210億円  -64億円
平成23年3月期における経常収益 3兆2886億円 3兆4049億円 2兆6217億円
平成23年3月期における経常利益率   3.8%   0.6% -0.2%
タイ工業団地での契約社数 220社 240社 166社
タイ洪水による発生保険金(※)見通し 約1100億円 1938億円  941億円
平成24年3月期における経常利益予想 1400億円  240億円   30億円
平成24年3月期における経常収益予想 3兆5000億円 3兆9000億円 2兆8020億円
平成24年3月期における経常利益率 4.0% 0.6% 0.1%
平成24年度3月期決算下方修正発表翌日の株価(終値) 1776円 1434円 1497円

 その他として株価下落による有価証券評価損やユーロ危機の影響も懸念されます。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:09:51 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月 4日

欧州危機 来週ヤマ場 緊張する市場

 欧州危機から目が離せません。

 以下、日経記事を抜粋させて頂きました。

 今週は11月30日(水)の日米欧の6中銀(日銀、欧州中央銀行(ECB)、米連邦準備理事会(FRB)、英イングランド銀行、カナダ銀行、スイス国立銀行)がドル資金供給協調(金利を0.5%引き下げ)で欧州危機に関連する市場の動き(国債の金利、価格、落札状況、株価等)は一旦、落ち着きを見せました。

 ただ、明日5日(月)~9日(金)までの1週間も気を抜けない毎日が続きます。

1.独メルケル首相の考え

 今や欧州危機最大のキーマン(ウーマン)である独メルケル首相が、一昨日(2日)、ドイツ連邦議会(下院)演説の中でEU首脳会議での対処方針について、「ユーロ導入以来で最も厳しい危機。一気に解決する策はなく、何年もかかる長い道」と長期戦で解決に取り組む意思を表しました。

 欧州危機解決について今、取り上げられている施策について、

 ・まず欧州全体での財政規律の乱れを防ぐ枠組みの整備ありき
 ・ユーロ共同債について 「(導入の条件が整っておらず)危機対策には貢献しない」と明言
 ・EUで財政赤字や債務の抑制を定めた「安定・成長協定」については、その執行を強化すべき
 ・欧州財政連合について 「財政規律の強化へ財政連合の確立が必要。EU条約の改正を目指す」とし、各国の予算内容を厳しく監視するために強く必要
 ・ECB(欧州中央銀行)について 「ECBの独立性を守る。使命は通貨の安定で、米欧の中銀とは違う」とECBの独自判断を尊重しつつ、債券市場の安定のための国債買い入れについては否定的

という考えを明らかにしました。

 今の市場は即効性のある大きな手を期待しています。

 このメンケル独首相の発言に対して、休み明けの月曜日(5日)の市場がどう反応し、政治がどう動くかがう注目されます。

2.1週間の主な動き

 4日(日) ユーロ圏の一角、スロベニアで下院選挙

 5日(月) 独メンケル首相、仏サルコジ大統領会談 EU首脳会議で提示する規律強化に関する共同提案を詰める
 
 8日(木) ECBが定例理事会(ドイツ フランクフルト) 景気悪化を受けた追加利下げの必要性や銀行向けの流動性供給の強化、ユーロ圏の国債買い入れの対応を協議

 8~9日(金) EU首脳会議(ベルギー ブリュッセル) 独仏が域内の財政政策の統合案を提示。EU議長国ポーランドはユーロ共同債導入など主張

3.欧州危機に関連する主な機関とキーマン

 ECB(欧州中央銀行) 本部 ドイツ フランクフルト 総裁 イタリア マリオ・ドラギ(2011年11月1日就任)

 EU(欧州連合) 委員会委員長 ポルトガル ジョゼ・マヌエル・ドゥラン・バローゾ

 ESFS(欧州金融安定基金) 最高経営責任者 クラウス・レークリング(2010年6月9日就任、元欧州委員会経済・金融総局長)

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:09:00 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月 3日

PIGS各国の債権国別債務総額一覧表

 Wikipedia「2010年欧州ソブリン危機」から転載させて頂きました。

2010年12月時点(億ドル)
債権国
債務国 ドイツ フランス スペイン イタリア その他ユーロ圏 イギリス 日本 その他 合計
ギリシャ 654 831 13   68 316 170 362 23 85 2521
アイルランド 1864 773 177 247 642 1875 1083 220 583 7468
ポルトガル 443 485 983 76 212 290 356 26 55 2926
スペイン 2166 2013 372 1641 1365 1728 251 362 9898
合計 5127 4102 1173 763 2811 3700 3529 520 1090 22813
(BIS発表、単位は億ドル、集計日は若干異なる)

PIGS向けの外銀全体の融資残高は2兆5350億ドル、EU諸国の銀行だけで1兆9150億ドル(75.5%)。

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:04:53 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ギリシャ危機を中心に欧州危機を時系列で振り返る

 2009年10月    ギリシャ政権交代後の新政府が財政赤字の対GDP比が12.7%であることを発表(それまでは3.7%としていた)し、粉飾(企業で言うところの粉飾決算)が明るみになり、国としての信用を落とし、国債発行等による資金調達の道が閉ざされ資金繰りが悪化する

 2009年12月16日 スタンダード&プアーズ(S&P)がギリシャの国債格付けを「A-」から「BBB+」に1段階引き下げる

 2010年 1月28日 ギリシャのCDSスプレッド(5年物)が4.00%に

 2010年 4月    ハンガリー政権交代・新首相就任

 2010年 4月22日 欧州連合(EU)統計局 Eurostatがギリシャの財政赤字は13.6%であると発表

 2010年 4月27日 スタンダード&プアーズ(S&P)がギリシャの国債格付けを「BBB+」から「BB+」に3段階引き下げ

 2010年 5月 2日 欧州連合(EU)が緊急財務相会合で国際通貨基金(IMF)と共に、財政危機に陥っているギリシャに対して今後3年間で1100億ユーロ(約11兆7千億円)の融資を実施することで合意

 2010年 5月 9日 欧州金融安定基金(EFSF)を設立

 2010年 5月12日 国際通貨基金(IMF)が55億ユーロ(約5800億円)の融資を実施することで合意

 2010年 5月19日 ギリシャは85億ユーロの10年物国債の償還を完了(デフォルトを回避)

 2010年 6月 3日 ハンガリー政府 財政赤字の粉飾の可能性を発表\n
 2010年 6月14日 ムーディーズがギリシャの国債格付けを「A3」から「Ba1」に4段階引き下げ

 2010年 6月24日 ギリシャのCDSスプレッド(5年物)が10.85%と過去最高水準を更新

 2010年11月15日 EU統計局はギリシャの対GDP赤字比率を2009年は15.4%(前回13.6%)、2008年は9.4%(同7.7%)と拡大修正

 2011年 2月11日 欧州連合(EU)と国際通貨基金(IMF)が150億ユーロ(約1兆6千億円)の第3弾融資を承認(2010年5月の合意に基づく)

 2011年 2月27日 アイルランド 政権交代

 2011年 3月 7日 ムーディーズがギリシャの国債格付けを「Ba1」から「B1」に3段階引き下げ

 2011年 3月29日 スタンダード&プアーズ(S&P)がギリシャの国債格付けを「BB+」から「BB-」に2段階引き下げ

 2011年 5月 9日 スタンダード&プアーズ(S&P)がギリシャの国債格付けを「BB-」から「B」に2段階引き下げ

 2011年 6月 1日 ムーディーズがギリシャの国債格付けを「B1」から「Caa1」に3段階引き下げ

 2011年 6月13日 スタンダード&プアーズ(S&P)がギリシャの国債格付けを「B」から「CCC」に3段階引き下げ

 2011年 6月    ポルトガル 政権交代・新首相就任

 2011年 7月 8日 欧州連合(EU)と国際通貨基金(IMF)が32億ユーロ(約3400億円)の第4弾融資を承認(2010年5月の合意に基づく)

 2011年 7月25日 ムーディーズがギリシャの国債格付けを「Caa1」から「Ca」に3段階引き下げ

 2011年 7月27日 スタンダード&プアーズ(S&P)がギリシャの国債格付けを「CCC」から「CC」に2段階引き下げ

 2011年10月 4日 ムーディーズがイタリアの国債の格付けを3段階引き下げ

 2011年10月10日 フランス・ベルギーの大手銀行デクシア破綻
 
 2011年10月11日 欧州連合(EU)と国際通貨基金(IMF)が80億ユーロ(約8500億円)の第5弾融資を承認(2010年5月の合意に基づく)

 2011年10月13日 S&P(スタンダード&プアーズ)がスペイン国債の格付けを「AA(ダブルA)」から「AA-(ダブルAマイナス)」に1段階引き下げ

 2011年10月18日 ムーディーズがスペイン国債の格付けを「Aa(ダブルA)2」から「A1」に2段階引き下げ

 2011年10月27日 欧州諸国は債務危機に対応するために、ギリシャ債務の民間投資家の損失負担を50%とし、欧州金融安定ファシリティの融資能力を拡充するほか、2012年6月30日まで銀行の資本増強を決定。ギリシャ向けの80億ユーロの融資も承認し、ギリシャのデフォルト(債務不履行)はひとまず回避される。 またアイルランド向けの次回融資として、EU・IMFが来年1月に85億ユーロを実行することも承認した。

 2011年11月 1日 パパンドレウ ギリシャ首相が第2次支援策の受け入れについて国民投票を実施すると発言したために、金融市場は再び不安定化、内外での反発が強まった

 2011年11月 2日 メルケル、サルコジの独仏首脳がパパンドレウ首相に対し、支援凍結とユーロ離脱をちらつかせながら圧力をかけ事態収拾に動いた

 2011年11月 4日 パパンドレウ首相が国民投票を撤回

 2011年11月 5日 パパンドレウ内閣の信任投票で僅差ながらも信任された

 2011年11月10日 ギリシャ首相にルーカス・パパデモスが就任

 2011年11月11日 全ギリシア社会主義運動(PASOK)と新民主主義党(ND)が合意し組閣、二大政党による大連立内閣が発足した。大連立内閣は、緊縮策を前提とする支援策を受け入れ、来年2月19日に総選挙を実施する

 2011年11月11日 アイルランド 新大統領就任

 2011年11月12日 イタリア ベルルスコーニ首相辞任

 2011年11月16日 イタリア マリオ・モンティ首相就任

 2011年11月18日 ハンガリー IMFに支援要請

 2011年11月20日 スペイン 政権交代

 2011年11月23日 ドイツ国債 大幅札割れ

 2011年11月25日 ムーディーズがハンガリー国債の格付けを「Baa3」からジャンク級の「Ba1」に1段階引き下げ
 
 2011年11月25日 S&P(スタンダード&プアーズ)はは25日、ベルギー国債の格付けを「AA+(ダブルAプラス)」から「AA(ダブルA)」に1段階引き下げ

 2011年11月29日 EUユーロ圏財務相会合でEFSFの規模拡大策を正式決定。(現在の融資能力は4400億ユーロ) また、ギリシャ向け80億ユーロの融資も承認し、ギリシャのデフォルト(債務不履行)はひとまず回避される。アイルランド向け85億ユーロの融資も承認

 2011年11月30日 ベルギー 連立政権樹立合意で530日間以上も正式な政府が不在となっていた状況を解消へ

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:04:50 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2010年5月2日~のギリシャ デフォルト回避の動きを時系列で振り返る

 2010年 5月 2日 EU(欧州連合)が緊急財務相会合でIMF(国際通貨基金)と共に、財政危機に陥っているギリシャに対して今後3年間で1100億ユーロ(約11兆7千億円)の融資を実施することで合意

 2010年 5月 9日 欧州金融安定基金(EFSF)を設立

 2010年 5月12日 IMFが55億ユーロ(約5800億円)の融資を実施することで合意

 2010年 5月19日 85億ユーロの10年物国債の償還を完了(デフォルトを回避)

 2011年 2月11日 EUとIMFが150億ユーロ(約1兆6千億円)の第3弾融資を承認(2010年5月の合意に基づく)
 2011年 7月 8日 EUとIMFが32億ユーロ(約3400億円)の第4弾融資を承認(2010年5月の合意に基づく)
 2011年10月11日 EUとIMFが80億ユーロ(約8500億円)の第5弾融資を承認(2010年5月の合意に基づく)
 2011年10月14日 20億ユーロの短期国債の償還を完了(デフォルトを回避)

 2011年10月21日 20億ユーロの短期国債の償還を完了(デフォルトを回避)

 2011年10月27日 欧州首脳会議でギリシャ向けの80億ユーロの融資を承認。ギリシャのデフォルト(債務不履行)はひとまず回避される。

 2011年11月11日 20億ユーロの短期国債の償還を完了(デフォルトを回避)
 
 2011年11月18日 16億ユーロの短期国債の償還を完了(デフォルトを回避)

 2011年11月29日 EU ユーロ圏財務相会合でEFSFの規模拡大策を正式決定。ギリシャ向け80億ユーロの融資も承認。ギリシャのデフォルト(債務不履行)はひとまず回避される。

 2011年12月16日 20億ユーロの短期国債の償還期限
 
 2011年12月19日 11.7億ユーロの国債の償還期限
 
 2011年12月22日 9.8億ユーロの国債の償還期限

 2011年12月23日 20億ユーロの短期国債の償還期限

 2011年12月29日 52.3億ユーロの国債の償還期限

 2011年12月30日 7.1億ユーロの国債の償還期限

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:04:48 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年度までのPIIGS各国の国債償還予定

 色々な資料から整理してみました。

 ただ出典は直近のものではありませんので、あくまで参考として下さい。

1.ギリシャの償還スケジュール(億ユーロ)
日付 内容 償還額
12月16日(金) 短期国債  20
12月19日(月) 国債  11.7
12月22日(木) 国債   9.8
12月23日(金) 短期国債  20
12月29日(木) 国債  52.3
12月30日(金) 国債   7.1
合計 120.9
出典:Bloombergネットニュース「ギリシャ債務危機関連:年内重要日程と償還予定日程表」 http://www.bloomberg.co.jp/news/123-LS80S31A1I4I01.html

2.2012年のPIIGS各国の国債償還額(億ユーロ)
国名 償還額
イタリア 1650
スペイン  470
ギリシャ  310
ポルトガル   70
アイルランド   60
合計 2560
※出典:住友信託銀行 調査月報 2010年6月号 「経済の動き~欧州ソブリン危機と米国経済への影響」 http://www.sumitomotrust.co.jp/RES/research/PDF2/710_2.pdf

3.2013年以降のPIIGS+ベルギー各国の国債償還額(億ユーロ)
国名 2013年 2014年 2015年
イタリア 約1200 約 900 約1300
スペイン 約 450 約 500 約 400
ギリシャ 約 275 約 320 約 200
ポルトガル 約 100 約 150 約 120
アイルランド 約  60 約 120 約   0
ベルギー 約 280 約 250 約 280
※出典:みずほマーケット・トピック(2010年12月21日) http://www.mizuhocbk.co.jp/forex/econ/pdf/econ101221cb.pdf

4.イタリア、スペイン、ギリシャの国債償還スケジュール(12月13日追加)
イタリア スペイン ギリシャ
2010年 2,515   765   158
2011年 1,922   840   313
2012年 1,682   612   317
2013年 1,004   515   249
2014年   891   468   316
2015年   854   247   211
2016年   511   161   151
2017年   644   290   221
2018年   462   165    98
2019年   865   287   247
2020年   527    83    53
※出典:2010年4月29日 Bloombergからで記事はBUSINESS INSIDERの2010年5月28日付けのものです。(http://www.businessinsider.com/european-debt-maturity-profile-2010-5

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:04:45 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月 2日

EU(欧州連合)加盟国(内ユーロ導入国)一覧表

【平成27年1月1日更新】

 欧州危機を読み解く基礎知識としてEU(欧州連合)加盟国とユーロ導入国を一覧にし、対比させて頂きました。

国名50音順で、カッコ内は左記の国の通貨単位
EU加盟国 ユーロ導入国
No. 国名 No. 国名
アイルランド アイルランド
イギリス -(ポンド)
イタリア イタリア
エストニア エストニア
オーストリア オーストリア
オランダ オランダ
キプロス キプロス
ギリシャ ギリシャ
スウェーデン -(スウェーデン・クローナ)
10 スペイン スペイン
11 スロバキア スロバキア
12 スロベニア 10 スロベニア
13 チェコ -(チェコ・コルナ)
14 デンマーク -(デンマーク・クローネ)
15 ドイツ 11 ドイツ
16 ハンガリー -(フォリント)
17 フィンランド 12 フィンランド
18 フランス 13 フランス
19 ブルガリア -(レフ)
20 ベルギー 14 ベルギー
21 ポーランド -(ズウォティ)
22 ポルトガル 15 ポルトガル
23 マルタ 16 マルタ
24 ラトビア 17 ラトビア
25 リトアニア 18 リトアニア
26 ルーマニア -(ルーマニア・レウ)
27 ルクセンブルク 19 ルクセンブルク
28 クロアチア -(クーナ)

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:07:30 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2011年12月 1日

10月31日 為替介入 約8兆円?-過去最高!

 本日(1日)の日経朝刊 第7面に記事掲載されました。

 財務省は昨日(11月30日)、定例の外国為替平衡操作の実施状況(月次ベース)を公表しました。

 その内容は、

「平成23年11月30日
 財   務   省

 外国為替平衡操作の実施状況
 (平成23年10月28日~平成23年11月28日)
 
 ○平成23年10月28日~平成23年11月28日における外国為替平衡操作額
                                          9兆916億円
            
 なお、実施内容の詳細については、これまで通り四半期ごとに発表します。」

といたって簡単なものです。

 月間の介入額としては2004年1月(小泉政権)の6兆8218億円をはるかに抜き、過去最大となりました。

 その後の東京外国為替市場の円ドル相場の推移を見てみますと、今回の介入やその進め方、タイミングについては今のところ「効果があった」ようです。

 振り返りますと円ドル相場は10月25日(火)以降、東京外国為替市場で毎日、円高記録を更新し続け、「政府・日銀は為替介入するのか、しないのか。いつするのか」という、いわゆる「死んだふり」の状態が続きました。

 10月31日(月)、円相場が1ドル75円32銭まで高騰し、ついに午前中、安住財務相が円売り介入指示を出し、為替介入しました。

 今回、その介入規模についての大枠が初めて明らかになりました。

 記事では10月31日の介入は8兆円前後で残り1兆円程度を11月上旬に国内外の為替市場で実施した介入に充てたとみられるとなっております。

 1日当たりの介入額では今年8月4日の4兆5129億円が過去最大でしたが、それを大幅に上回ったことは確実です。

 財務省は10月31日の大規模介入は認めていたものの、その後も介入を続けたかどうかは明確にしていません。

 介入後一時、1ドル79円55銭まで急落し、その後、しばらく78円台前半で動かなくなった日が続き、市場では政府・日銀が「覆面介入」(自らの正体を隠して介入すること)したとの見方があります。

 具体的にいつ、いくら、どのようなやり方で介入したかという日次ベースでの発表は来年(2012年)2月1~7日(予定)の四半期(平成23年10月~12月)公表で明らかになります。

 参考サイトURL

 財務省 「外国為替平衡操作の実施状況(平成23年10月28日~平成23年11月28日)」(http://www.mof.go.jp/international_policy/reference/feio/monthly/231130.htm
 
 財務省 「外国為替平衡操作の実施状況」(http://www.mof.go.jp/international_policy/reference/feio/index.htm

 以上、皆様のお役に立てば幸いです。

投稿者:株式会社コストダウン 日時:08:55 | 

  • mixiチェック
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コストダウンのお問い合せ

あなたの会社の経費、見直されていますか?

御社の経費を無理なくコストダウン

電話でのお問い合せ
フリーダイヤル 0120-875-430
株式会社コストダウン

トピックス

過去の記事

2017年分
2016年分
2015年分
2014年分
2013年分
2012年分
2011年分
2010年分
2009年分
2008年分
2007年分
2006年分

毎週ひとネタ 知って得するコストダウン情報! タイトル画像

メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。

登録フォーム

解除フォーム